« I LOVE スコッチ | トップページ | 疲れた… »

2006年6月21日 (水)

I LOVE グレンフィディック

 スコッチの中でも、もっとも多くの回数愛飲しているのは、スペイサイドのシングルモルト、グレンフィデックだろう。緑色の三角柱の形をしたビンに、少し薄めの琥珀色の液体が詰まっている。…もちろん、飲んでしまえばやがてはなくなってしまうが。

グレンフィデックは、そのいささか淡い色合いにもかかわらず、ストレートやロックで飲むと、ややきつめの癖がある。もちろん、シングルモルトだから、癖はあるのは当然だが、飲み慣れてくると、その癖がたまらなく愛おしい。少しグラスを回して氷と馴染ませてやると、微妙な甘味が出てくる。知る人ぞ知る…という名酒で、行きつけの店で時々会う画家や、美術館で長い間学芸員をされていた恩師も、グレンフィデックの美味さを知っていた。先日も、画家の先生と、我がグレンフィディックを楽しんだ。

我が家にも、もちろん、6本ほど封を切らずに置いてある。うち2本は、すでにスコットランドでも樽が尽きたというクラッシックである。それを未だに開けられずに残してあるところは、多少、スコッチ飲みとしては覚悟不足かもしれない。

まあ、何かいい事があったときに開けて楽しむことにしよう。

 

|

« I LOVE スコッチ | トップページ | 疲れた… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/2323526

この記事へのトラックバック一覧です: I LOVE グレンフィディック:

« I LOVE スコッチ | トップページ | 疲れた… »