« 感性の教育 | トップページ | まともな教育改革を »

2006年7月20日 (木)

心に良いことは…

数日間続いた真夏日の後、雨が降り続いている。暑さにはあまり強くないので、それほど気温が上がらないこの二、三日はいくらか過ごしやすく、少しは文章が書きやすい。たまには早く寝れば良いのだが、文章が書きやすいことがパソコンを開かせてしまう。体調の維持を考えれば、困った性格である。

ただ、個人的な経験からすれば、大抵の場合、身体に良いことは心には必ずしも良いとは限らず、逆に身体に悪いことが心には良いという場合がままある。例えば、タバコは身体に悪いということだが、タバコの好きな人が無理をしてタバコを短期間で止めようとしても、結局、そのストレスでイライラがつのったりする。ダイエットなども、そうした部分があったりするので、無理は禁物である。

さて、自分としてはどうだろうか。身体に悪いから…といってウィスキーをずっと飲まないとかえってストレスがたまる。だから、個人的には「身体」よりも心を大切に考えている感じがあり、結局、身体的に負担がかかっている場合が少なくない。ただ、それはそれである程度仕方が無い事かも知れない。

だが、とりあえず朝早くの仕事はとりあえず休みになっているので、しばらくはゆっくり寝て、この数ヶ月ほどの身体の疲れを多少なりとも回復したいと思う。

|

« 感性の教育 | トップページ | まともな教育改革を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/2728233

この記事へのトラックバック一覧です: 心に良いことは…:

« 感性の教育 | トップページ | まともな教育改革を »