« 非常勤講師の労働条件 | トップページ | 心のバランス »

2006年7月31日 (月)

社会保障と労働者の受け入れ

国民健康保険の負担増で支払いができなくなった家庭や個人が公的機関によって悪質なサラ金・闇金のような取立てを受けたり、本当に体調が悪くなっても病院に行けなくなったりする、といった記事や報道が目に付くようになった。小泉「改革」による国民生活破壊がいよいよ生々しい現実のものとなってきた感がある。

さて、国保の負担増などの社会保障制度の再構築の問題と関わって、大きなネックとなっているのが、少子高齢化社会の進行による労働力不足の問題がある。子どもや若い世代が減少するから、福祉に対する負担増は仕方がない……政府・与党の発言や現在のマスコミの主な論調ではそのような形になるが、そこに実は大きな嘘・欺瞞がある。

日本人の少子高齢化の進行は確かに正しい。けれども、必ずしもそれが労働力不足につながる訳ではない。別の選択肢が存在するのである。その選択肢とは何か。外国人労働者の受け入れである。

私は、ボランティア活動で在日外国人の日本語教育と関わっているために様々な国籍を持つ人々から話を聞く機会がけっこうあるが、その中でよく聞かされるのが日本の入管・労働鎖国政策による特にアジアの人々に対する人権侵害の疑いの強い対応である。

外国人犯罪のニュースが新聞やテレビを賑わす回数は確かに増えてきているようだが、それがその人数に比較しての件数ということになると分母の増加が著しい中では、必ずしも割合的に大幅な増加とは言い切れないところもある。しかも、資格のあるなしに関わらず、まじめに働いているだけの外国籍の人々は身の周りにはたくさんいる。いや、私が日常的に直接知っている外国人は皆まじめに働いていると言えるだろう。

ビザの話が出ることもあるが、大抵は日本人の配偶者か語学教師で、本人は就労する資格は持っている。ただ、それの取得の難しさを指摘するアジア系の人たちは多い。そして、就労を認めてくれるならば、別にオーバー・ステイなどはせずに、きちんと皆入管に行くだろうという話も出る。

という事は、バブル期を経験した日本人の感覚からすれば景気は悪いようでも、他の国々と比較すればまだまだ上の方にある日本の今の経済を考えれば、外国人に対する労働鎖国政策を改めて、外国人労働者をきちんと受け入れるようにすれば良い……ということになる。正式に受け入れれば、きちんと税金や社会保障の負担も要求できる。そうすれば集まってくる金額も増加するので、福祉・セーフティーネットに関する個々の負担状況は改善できる可能性が大きくなるのである。

けれども、労働鎖国政策は続いており、入管による人権侵害や不法行為もいろいろと耳に入ってくる。なぜだろう。労働鎖国政策によって甘い汁を吸っている一部の人々の存在があるからではないか、という疑いが頭をもたげてくる。

例えば、野田峯雄というジャーナリストが『闇にうごめく日本大使館』という本を2002年に大村書店から出版している。それによれば、労働鎖国政策でビザの取得が難しいことを悪用して地元のマフィアとつるみ不正ビザを大使館の職員が発行している疑いが非常に強い……という記述が、何度も現地に足を運び、確認した結果の結論として書かれてある。

国際結婚に際して煩雑な手続きに閉口することも少なくないが、その理由の1つにある偽装結婚の問題にしても就労ビザがそれなりに取得できるようになれば偽装結婚そのものが不要になり、消滅してしまう。けれども、普通に申請してもビザが容易には取れないために、マフィアや暴力団がそれを利用して様々な形で資金を得る一方で、ただ働きたいだけの人々が不当に搾取され人権侵害を受けているのである。

そうしたことも含めて考えたとき、外国人労働者の受け入れ問題に目をつぶって、少子高齢化の不安を煽り、国民の負担を強めて憲法で保障されている生存権すらも踏みにじろうとしている今の政策や報道姿勢は正しいと言えるだろうか。もっと大きな観点から問題を捉え、未来の日本を構築していくビジョンを示す責務が、今の政府・与党にはあるし、マスコミにもそれを厳しく検証する責任がある。私は、一国民として、自分の知っていることや気付いたことをこうして発信し続けていきたいと思っている。

|

« 非常勤講師の労働条件 | トップページ | 心のバランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/2881925

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障と労働者の受け入れ:

» 振込め詐欺の次は 【貸します詐欺】?! [クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側]
リストラで生活苦に陥った関西の40代男性派遣社員がこの春、多重債務を一本化しようとして「貸します詐欺」に遭い、自ら命を絶ったという。「もう これまでかな……」とパソコンに残された文章を遺族は読み、初めて自殺の理由を知った。男性は大手メーカーの下請け会社...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 11時06分

» ブラックOK!審査の甘い消費者金融一覧 [ブラックOK!審査の甘い消費者金融一覧]
ブラックOKの審査の甘い消費者金融を紹介します [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 14時54分

» 消費者金融比較 ~ アコム [消費者金融比較 ~ アコム]
消費者金融を比較します アコムの概要説明 [続きを読む]

受信: 2006年12月 8日 (金) 07時29分

» アイフル、希望退職400人募集 業績悪化店舗も大幅削減 [消費者金融調査室]
消費者金融最大手のアイフルは20日、グループの正社員と非正社員合計約1万1000人のうち最大約1900人を希望退職などで削減し、09年3月をめどにグループ全体の有人店舗を現在の820店から213店まで減らす、と発表した。貸金業の規制強化で経営環境の悪化が見込まれ、抜本的なリストラが避けられないと判断した。消費者金融各社は利息制限法の上限(年20%)を超えるグレーゾーン金利の撤廃決定を受け、店舗統廃合など抜本的なリストラ策を急いでいる。傘下の日本法人を通じて「ディック」などのブ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 21時21分

» テクノヘアの育毛無料体験に行ってきました! [はげハゲ増毛植毛抜け毛つけ毛対策委員会]
1日1回こちらをクッリック!あなたに雪崩のごとく良き事が起こりますように!!==========================================================テクノヘアの育毛無料体験に行ってきました!最近、髪の毛のことで悩んでいる若者が増えたみたいですね。現代社会においてストレスや睡眠不足、不規則な食生活が、実は髪の大敵なのです。実は、わたしもストレスが原因でちょっと髪の薄さが気になっていたんです。若いからといって安心できません。そんな中、若...... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 15時01分

« 非常勤講師の労働条件 | トップページ | 心のバランス »