« 暗黒物質と空間…きままに時空論4 | トップページ | 「わからない」ことの意味 »

2006年8月15日 (火)

8月15日に思うこと…小泉売国奴総理

4日ほど趣味の世界に走っていたが、わが国の小泉売国奴総理がまたバカなことをしてくれたので、安心して趣味の世界に安住していられなくなった。言わずと知れた、「現職総理大臣としての靖国神社参拝」である。

以前、小泉売国奴総理は国債発行の公約に対して、公約を破ることは「大したことではない」と言い放った。国民生活に大きな影響を与える公約に対して…である。が、同じ公約でも「8/15靖国参拝」はそれ自体が日本国憲法の信教の自由(神道を信じていない人々が総理大臣の公式参拝によって受ける精神的苦痛・不利益)を侵害する違憲行為であるし、また東アジア諸国の反発を考慮すれば国益にも反する、問題の多い公約である。その「公約」を、自らの「信教の自由」を口実に強行した。

だいたい日本の権力者は、基本的人権というものが弱者においてこそ最大限に尊重されなければならないという世界常識を理解していない(あまりにも無知な)輩が多い。が、そうした世界常識からすれば強者が基本的人権を口実に憲法違反をして開き直ること自体が自らの無知・無能をさらけ出し、日本の恥をさらしている売国好意である。

そして、それをどのマスコミも追求していないこの状況はどういうことか。マスコミはもはや「大本営発表」しか行わない「戦前」のレベルに退化してしまっているのであろう。情けない話である。マスコミは、また戦前・戦中と同じ過ちを繰り返そうとしているにも関わらず、まったくそれを自覚していないようだ。呆れると同時に哀しいことでもある。

が、責任ある無名の一国民としては、こうした状況を看過し得ない。小泉売国奴総理が口先でどう弁解しようと、その行動は、日本を【戦争】のできる国へ導き、その過程で国民の生存権や基本的人権を「法的」に踏みにじることを可能にする法整備を推し進めようとしているのは明白である。だからこそ、その象徴としての「首相の靖国参拝」をアジア諸国は問題視するのである。

広島・長崎、そして東京や名古屋など多くの都市への大空襲において、確かに日本は被害者かもしれない。けれども、こうした卑劣・卑怯な無差別爆撃を日本軍は中国の重慶に対しても行っている。その反省・謝罪をきちんとしてこそ、原爆や空襲にNoと言うアピールは説得力を持つし、その延長としての平和を維持するための努力・行動が日本の信頼を回復させることにつながる。しかし、今の日本政府の行動を客観的に見ていると、平和を維持するための努力・行動はいかにもおざなりで、逆に平和を乱そうとするアメリカの暴走に無条件に追従している。これでは、決して国としての信頼を得ることは出来ない。

だからこそ、まずは意見を主張したい。違憲を糾弾したい。そして、平和のための努力として人権侵害をもくろむ立法の動きを糾弾したい。それとともに、日本の国をアメリカに売り渡そうとする権力者の目論見を見過ごさずに行動したい。大人として、次の世代に戦争をふっかけない「まともな国」をそのままバトン・タッチできるように……。8月15日、日本敗戦の記念日における名も無き国民のささやかな思いである。

|

« 暗黒物質と空間…きままに時空論4 | トップページ | 「わからない」ことの意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3068669

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日に思うこと…小泉売国奴総理:

» 動画音声配信!? 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 [動画音声配信による次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」]
動画&音声配信!? 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。お気に入りに登録しよう!! [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 22時36分

« 暗黒物質と空間…きままに時空論4 | トップページ | 「わからない」ことの意味 »