« 私たちのユートピア | トップページ | 「押し付け憲法」論の嘘 »

2006年8月24日 (木)

詩が書けない!!

いろいろと金にならない活動をしているが、文学なども出費ばかりがかさむ活動の1つである。現在、二つの同人誌と関わっているが、そのうちの一つの作品締切が20日だった。ちょうど犬山市であった教育研究会と重なっていたために、県の事務局長をしている関係でそちらを優先したが、無理を言って少し待ってもらっている。

それにしても…この4日間、まったく手につかない。色々と多忙なせいもあるのだが、詩を書く際の独特の精神状態にまで自分を持っていくことができないのだ。結局、時間がぶつ切りになってしまうせいで、集中に至るまでの時間を確保できないのである。

それでも、1秒、また1秒と時間は過ぎていく。時間は作るものだと思っているし、実際にある程度やり繰りをして、やることが多い割には結構好きなこともしている。けれども、創作活動に必要な時間は、そうした「効率」ではどうにもならない別次元の問題である。

もちろん、自分の「作品」がそれほどのものとは思っていないが、取り組む際には、できるだけのことはきちんとしたい。それによって、結果とは別に納得できるもの、勉強になる何かを得ることができるからだ。

だが、今回は思いはあっても集中する時間がなかなか作れない。思いだけが空回りをしている状態である。今週中には何とかしたいのだが……。

|

« 私たちのユートピア | トップページ | 「押し付け憲法」論の嘘 »

コメント

私も詩を書いています。しかし書こうと思ってもなかなか書けないことがあります。詩を書くにはエネルギーが必要です。そのエネルギーはあるときは感動であり、情熱であり、怒りであり、悲しみなのですが、日々に流されている生活では、どれほどのエネルギーを蓄えることができるでしょうか。それでも、感性を奪われてはいけないと、もがき、苦しんでいます。詩を書くということは、この怠惰で流されがちな生活を深く見つめることです。生活を深く生きることです。だから詩を書くとは怖いことです。危険です。

投稿: keiiti | 2006年8月25日 (金) 01時14分

何とか、今日の午後、詩を書き上げました。最初の1行が出るまでは本当に苦しかったです。が、本当に深いレベルの集中の結果ではないので、「作品」としては今ひとつ不満です。

しかし、書き続けることによって見えてくるものがあるし、書き続けることで感性もある程度研ぎ澄まされます。

この世界に本格的に関わってしまった以上、もう後戻りはできません。ならば、苦しみつつも楽しんでやっていきたいものです。そして、それなりに納得できる努力を……。

投稿: TAC | 2006年8月25日 (金) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3194871

この記事へのトラックバック一覧です: 詩が書けない!!:

» コミック発売日 [コミックナビ]
コミック、ゲームの発売日等の情報が満載! [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 02時16分

« 私たちのユートピア | トップページ | 「押し付け憲法」論の嘘 »