« 国家権力の【約束】としての憲法 | トップページ | 「自己チュー」雑考 »

2006年8月29日 (火)

「めんどうくさい」と思う時

若い頃はそうでもなかった事が、オジサン年齢になるとメンドウになったり鬱陶(うっとう)しくなったりする事がある。恋愛なども、ある意味ではそうである。

もともと男と女は肉体的にも精神的にもけっこう異質な存在である。(もちろん、同性でも1人ひとりはけっこう違っていたりする)だからこそ、ある程度お互いをわかり合い、共感し合うためには、それなりの時間が必要になる。例えば、一緒にいて他愛のないことを話したり、メールや電話での会話、手紙のやり取りなどでも、「効率」という面では大いなる無駄、と思われることも少なからずあったりする。けれども、お互いの関係を深めていくためには、この【大いなる無駄】が非常に大きな役割を果たす。それに手を抜けば、恋愛などすぐに終わってしまうと言っても言い過ぎではないだろう。

ただ、恋愛の初めの頃や若い時代には、この無駄な時間がとても楽しく感じられる。けれども、オジサン年齢になると、それなりに様々な仕事や責任があったりするので、それらとの関係上、この大切な【無駄な時間】を面倒くさがったり、うっとうしく感じたりすることがある。それが言葉や行動の端にポロリと出てしまったりすると恋愛は危険信号、そこから心の距離が生まれたり、あるいは広がっていったりする。

もちろん、よほど深く愛されている場合はその限りではないが、その恋愛を大切にしようと思っている場合には気を付けたいところである。とは言っても、もちろん、人生において100%の人が「恋愛がすべて」と考えているわけではないし、同じ人間であっても時と場合によっては、恋愛以上に大切なものがあると感じる場合もあるだろう。その場合は、潔く恋愛以外の選択をすれば良い。それもまた人生である。

ただ、関係を大切にしたい、と考えるならば【無駄な時間】も「めんどうくさい」などと思わずに大切にいく必要があるだろう。もちろん、いつもそう出来る訳ではないのだが……。

|

« 国家権力の【約束】としての憲法 | トップページ | 「自己チュー」雑考 »

コメント

時間の無駄、こんなことをしているなら早く寝たいと思うこともしばしば。
しかし、それでもどうにか乗り切ってよくなることもありますよね。

まぁ、まさに今そうなんですが・・・。

投稿: KAZU | 2006年8月30日 (水) 01時07分

大切な【無駄な時間】を大切にできなくなってしまったら、関係が壊れても仕方がない、と腹をくくるしかないでしょうね。何にしろ、中途半端は後々それなりのしっぺ返しが来ると思います。腹をくくった上で、相手が理解してくれるようなら、関係はより深まっていくという場合もあるでしょうし……。

まあ、生活の「効率」ばかりを考えずに、色々な意味で【無駄な時間】をじっくりと味わっていければ、恋愛はもちろん、生活や人生も豊かになっていくのではないかと思います。

投稿: TAC | 2006年8月30日 (水) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3249612

この記事へのトラックバック一覧です: 「めんどうくさい」と思う時:

« 国家権力の【約束】としての憲法 | トップページ | 「自己チュー」雑考 »