« 原作と映画 | トップページ | アジア人差別の構造 »

2006年9月 2日 (土)

愛しのメーテル

好きな映画を考えたときに、この数十年ベスト10から抜けずに不動の位置を誇るのが「銀河鉄道999」と「さよなら銀河鉄道999」である。最近は忙しくて見に行く回数が少なくなったが、映画はかなり映画館で見ている方なので、新しい映画の中でも良いものは良い。にも関わらず、この二つの999はすばらしい出来だと思っている。

999のシリーズは、雑誌・単行本・TV・映画、そして最近はインターネット連載までしているようなので、実に幅広いメディア展開となっている。そして、それぞれのメディアによって微妙に質感が違ってくるのだが……。

映画999について言えば、星野鉄郎の年齢設定がマンガやテレビよりも少し上げられていて、年齢感覚としても少年の成長と自立をメーテルとの間に流れる感情を絡ませながら見事に描ききっている。そして「銀河鉄道999」が母からの自立であり「さよなら銀河鉄道999」が父の存在を超えていくことにテーマ設定がなされているために、2つ併せて見るといろいろと考えさせてくれることが多い。

さらに両方の映画が「機械化人」という設定によって永遠の命と限りある命、すなわち生と死についても考えさせてくれる。限りある命だから、一瞬一瞬がかけがえのないものとなり、だからこそ命そのものを大切にしなければならない、という思いを何度見ても感じさせてくれるのである。

また、細かいシーンでも情感溢れるところが多い。「銀河鉄道999」のラストの別れのシーンでは、メーテルの唇の感触まで伝わってくるような映像になっている。母性の部分と恋人の部分をあわせもつメーテルの存在は作品全体にわたって大きな意味を持ってくるし、そうした意味でも、何度でも見たくなる映画である。

そう言えば、好きになった女たちの中で、髪の毛の長さと脚の線の美しさをあわせもつ割合はけっこう高いように思う。もしかするとメーテルの《悪影響》なのかも知れない。フィギアがあるとつい手を出してしまう(display collection 参照)ほどに、バツイチの今でもメーテルは好きである。

|

« 原作と映画 | トップページ | アジア人差別の構造 »

コメント

僕はこの映画、知ってるという程度であって全編をじっくり見たことないですが、メーテルの外観は鮮明に覚えていて、僕の好みでもありました。
うちのかみさんも、昔は細過ぎる程の体格で、髪の毛も長いことからメーテルとかぶる部分も多かったのですが、いつの間にか太ってきちゃって、今ではその面影すらありません(^^ゞ
人生ってこんなものなんですね。。。

投稿: うるとらの音 | 2006年9月 3日 (日) 20時03分

《メーテル・レジェンド》というビデオ・シリーズも出ています。私自身、メーテルが、松本零士の数あるヒロインの中でも一番好きですね。

メーテル自体も、999ばかりでなく、いくつかの作品にも出てきますが、やはりこの連作映画のものは映像そのものにムラが少なくて一番良いように思います。

じっくり見たことがないならば、時間のあるときに(2作とも2時間は越えていますので)続けてみることをお勧めします。

映画は、邦画・洋画・アニメ・アジア映画といろいろ見ていますが、本当に良い出来の作品だと思いますので。

投稿: TAC | 2006年9月 3日 (日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3291494

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しのメーテル:

» 銀河鉄道999 リンク集 [銀河鉄道999 リンク集]
銀河鉄道999 リンク集 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 19時37分

« 原作と映画 | トップページ | アジア人差別の構造 »