« 息苦しい経済の「自由化」状況 | トップページ | 問答無用!? »

2006年10月21日 (土)

999と盗作騒ぎ

つい先日、「銀河鉄道999」の中で使われているフレーズを、某シンガーソングライターが盗作したのではないか、というニュースを目にした。新聞報道で見たフレーズからすれば、疑われても当然だろうと思う。

付け加えれば、1998年に公開された「銀河鉄道999~エターナル・ファンタジー~」の主題歌「Brave Love」をTHE ALFEEが歌っている。その歌の中にも問題になっている部分とよく似たフレーズが出てくるので、私自身も時々カラオケで歌っている程度には流行った歌である以上、件のシンガーソングライターが意識的に盗作をしたかどうかは定かではないにしても、何かの折に耳にしたものが無意識の中に残ってしまったという可能性は大いにあり得る。

まあ、まともな大人の感覚や常識があるのならば、そうした事実経過を意識すれば、今の時点では松本氏の側で裁判を起こして損害賠償を求める、とまでは言っていないようなので、素直に謝ればすむのではないかと思う。

けれども、最近は「まともな大人」が減少しつつあるような気がする。以前このブログで取り上げた津地検の人権侵害事件でも、すぐに陳謝して結果報告を送付すれば事件にすらならなかったことである。いい年をした大人が、まともな感覚や常識を失いつつあるのなら、逆にそれは日本社会の危機かもしれない。間違いやミスに対してはきちんと謝罪をし、そこから方向転換が出来る勇気を持った「まともな大人」でありたいと思う。

|

« 息苦しい経済の「自由化」状況 | トップページ | 問答無用!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3909693

この記事へのトラックバック一覧です: 999と盗作騒ぎ:

» 盗作疑惑?松本零士の「銀河鉄道999」と槇原敬之 [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
漫画家の松本零士の代表作「銀河鉄道999」のフレーズを盗作されたとして、歌手の槇原敬之に抗議しているらしい。 問題となっているのは槇原の作詞作曲で人気デュオCHEMISTRY」が今月4日に発売した新曲「約束の場所」。 スープのCMソングとしてお茶の間にも流れ、オリコンチャート4位に入るなどヒット中。 松本零士が「盗作」と断じているのは、 「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」 というサビの部分。... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 15時01分

« 息苦しい経済の「自由化」状況 | トップページ | 問答無用!? »