« 手作業のおもしろさ | トップページ | 自立ということ… »

2006年10月 9日 (月)

北朝鮮の核実験

夕方のニュース報道で北朝鮮の核実験を知った。各国の反発の中で強行した核実験だが、当然、周辺諸国をはじめ世界各国の非難が集中し、「制裁措置」もより厳しくなることは予想できるので、国として、軍のとしてのメンツを保つということ以外にメリットはないように思われる。そうした点から考えれば、政府の権力による押さえが効かなくなり、一部が暴走を始めているのではないか、という推論もできる。とすれば、現政権の崩壊は近いかもしれない。

今の状態では、北朝鮮に自国のメンツをそれなりに維持しつつ事態を打開する選択肢は極めて乏しいように思われる。とすれば、軍などのそれなりに力を持った側からすれば、クーデターをおこして金政権にすべての責任を押し付けて政権を握り、その上で周辺国や他国に対して多少なりとも妥協しながら新政権への承認と支持を得る、という選択は悪いものではない。そして、そうした展開は、アメリカや中国などにとっても面子が立つし、路線の変更を促しやすいメリットもありそうである。

ただ、その流れの中で、北朝鮮に住む人々が本当の意味で開放され幸福になれるか、という点では大いに疑問が残る。この流れからすれば、各国の制裁措置は強化されることはあっても緩むことは考えられない。ただ、その際に最も大きな打撃を受けるのは北朝鮮に住む一般の人々の生活であり、生存権である。普通の人々への打撃が最小限に抑えられるような展開になって欲しいと思うのだが……。

|

« 手作業のおもしろさ | トップページ | 自立ということ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3749945

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験:

« 手作業のおもしろさ | トップページ | 自立ということ… »