« 頭痛との折り合い | トップページ | 息苦しい経済の「自由化」状況 »

2006年10月19日 (木)

「外国人」によるケア

新聞の投書欄で、介護の際の看護士は日本人だけにして欲しい…という内容の意見が掲載されているのを見た。コミュニケーションに不安を感じる、という意味においてその気持ちを理解できないでもないが、日本の現実から考えればワガママ…とも思える意見ではないか、と感じた。

看護士の不足は現在慢性化しており、労働鎖国政策を維持しながら高齢化の進展をむかえれば、看護士の絶対数はさらに不足する。現在は、その不足を長時間労働で支えているが、それからくる労働条件の悪化がさらに看護士不足を加速させている。

そうした現実を考えれば、看護士を日本人だけにして、世話をされる時間がさらに少なくなっても良い…納得する、ということなのだろうか。投書の文章を読んでいるとそうではなさそうである。ケアを充実させてしかも日本人スタッフだけをそろえる、ということは労働条件を大幅に改善して人材を集中させなければ不可能だが、少子化の現実を考えればそれは困難を通り越して無理難題と言わざるを得ないだろう。

もう1つ気になることは「外国人はイヤ」という人に対して、他国から来た人が親身になってケアをしてくれるのか、という問題も出てくる。誰でも、自分を嫌がっている相手に親切にしたり丁寧に対応したりするのは、ほんの一時ならともかく、長期にわたる場合は難しいだろう。

逆に、国際交流の経験からすれば、こちら側が相手に好意を持って親切に対応していけば、他国から来たばかりで充分に日本語を使えない人でもすぐに心は通じ合い、相手も親切で心のこもった対応をしてくれる場合が多い。言葉は不十分でも、お互いにその気があれば、かなりコミュニケーションは可能となるのである。

少子高齢化の現実を考えれば、私たち日本人は、外国からの労働力をあてにしなければ生活が難しくなるだろう。けれども、それに対する心構えはきちんと出来ているだろうか。政治的に大きな力を持っている人たちが繰り返すアジア人に対する差別発言……。入国管理局や法務省の、情けないほどの人権意識の低さ……。そして、一般の人々の中にも隠れている差別感情……。これらを放置していると、近い将来、日本と日本人はとんでもない報いを受ける可能性がある。

それを避けるためにも、私たちは意識改革・制度改革を急ぐ必要がある。他国からきた人々が気持ちよく働けるような条件整備を行い、親身になってケアをしてもらえるような環境を整える必要があるだろう。私は、日本人だけの不十分なケアよりも、他国からきた人も含めての充分なケアの方が明らかに安心できる。現実を考えれば、その方が賢明な選択ではないか、と思うのだが……。

|

« 頭痛との折り合い | トップページ | 息苦しい経済の「自由化」状況 »

コメント

コトは介護だけの問題ではないと思います。それに、いま世界的にみれば人口爆発が進んでいます。そう考えると、日本の人口が減ることは本当に脅威なのでしょうか。むろん産みたい人が安心して産める環境は必要ですが、今でもかなり人余りであるうえ、日本だけ労働人口が増えれば、将来の世界は大変なことになります。そう考えれば、そんなに危機感を煽る問題なのか?日本である程度受け入れなくていいのか?と思います。私など、むしろ日本の同質性・閉鎖性が変わるいい機会にすら思えますが。ただ仕事の目処はつけて来日してほしいですけどね。

投稿: かじか | 2006年10月20日 (金) 00時23分

労働鎖国政策が人身売買などの人権侵害を助長してしまう構造もあります。その意味で、入管や法務省、外務省などの官僚にこそ「人権教育」が必要であるようなお寒い現実がある訳です。

それから、高齢の方が他国の人とのコミュニケーションに不安を感じる部分は確かにあるにしても、こちら側が相手の立場や人格を尊重して関わっていけば、思っていた以上に理解しあえる部分もあります。要は、お互いの意識の問題でもあるわけで、本来は法務省や外務省などがきちんと人権意識の啓発や相互理解のための活動をもっともっと進めるべきだと思うのですがねぇ……。

投稿: TAC | 2006年10月20日 (金) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3881643

この記事へのトラックバック一覧です: 「外国人」によるケア:

» 中国株の【ど素人達】が100万以上稼ぐ【中国人超投資術!】 [中国株で絶対儲ける会]
一部の中国株内情を知るものが荒稼ぎしている極秘の中国株投資ノウハウ暴露!昨年40部限定販売したところ、なんと【1時間で完売】!雑誌・新聞からの取材依頼が殺到。知識・経験ゼロ、資金ほぼゼロで100万円以上稼いだ【ド素人】が続出してます。... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 18時55分

» 労働と少子化 労働環境 [有給休暇と就職【再就職手当・失業給付金・健康保険・年金手帳】手続きガイド]
子どもに焦点を当てたこれまでの少子化対策だけでなく、職場環境の改革に取り組む必要に.... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 09時11分

« 頭痛との折り合い | トップページ | 息苦しい経済の「自由化」状況 »