« 生活者としての「学力」 | トップページ | 「外国人」によるケア »

2006年10月16日 (月)

頭痛との折り合い

最近、ちょっとした頭痛に悩まされることが多い。原因はだいたい睡眠不足である。仕事ばかりでなく様々な活動に関わっている関係もあって、毎日が結構忙しい。好きな映画も2ヶ月以上見に行っておらず、ビデオを借りてきても見る暇もない。そんな中で、ちょっと何かがあるとすぐに睡眠不足になってしまうのである。

そんな訳で頭痛の原因は分かっているし、薬に頼らなくてもポイントを指先で力を加減しながら押すことによって結構頭痛は楽にもなる。それにあまりにも酷いときは数分から30分程度でも横になって目を閉じるだけでも多少マシになるので、何とか頭痛と折り合いながら毎日を過ごしている。

そういう意味では、対処法が分かっているために慌てない……ということになるのだが、原因としての忙しさと睡眠不足を何とかしない限り、やがては折り合いをつけることも難しくなって来るだろう。とすれば、身体からのメッセージである頭痛も大切にしなければならないと思う。あまり若作りをして無理するキャラクターではないが、それでもつい、歳を忘れてがんばってしまうこともある。もう若くはないのだから気をつけなければ…と思う。

きょうも、少しこめかみの辺りに痛みがある。いろいろと仕事も多いが、そろそろ身体が悲鳴を上げ始めているというサインなので、今日はなるべく早く寝なければ……と思っている。

|

« 生活者としての「学力」 | トップページ | 「外国人」によるケア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/3827075

この記事へのトラックバック一覧です: 頭痛との折り合い:

« 生活者としての「学力」 | トップページ | 「外国人」によるケア »