« 海の時間 | トップページ | 唯足るを知る »

2006年11月 6日 (月)

教育の現実を直視しなければ…

いじめ事件や未履修問題で騒然としている教育現場を無視して、教育基本法を変えようとしている愚か者たちがいる。ここまで現場の問題が噴出してきている以上、まずはその背景をきちんと洗い直し、それに対処する手立てを講じることがまず必要なはずである。今は「教育基本法改正ごっこ」をして遊んでいる暇はない。

実際問題として、「愛国心」を法律の条文に入れて、いじめが無くなるのか? 否である。未履修問題の背景となっている学習指導要領と受験システムの矛盾が解消するのか? 否である。

政府与党は、ケガ人の手当てもせずに、病気にかからない方法を論じようとしているが如き愚かなことを進めている。問題に対する緊急のケア及び原因究明の調査を放置して、何をしたいのか。明らかに、責任の放棄である。ここまで教育現場での問題が吹き出てきた以上、それに対する対処法を早急に明らかにして実行すると共に、再発しないように教育行政の矛盾や問題点を洗い直し、現実から出発した多くの人々のためになる教育の再構築をはかる必要がある。

にも関わらず、何を遊んでいるのか。まさしく税金泥棒の所業であろう。

|

« 海の時間 | トップページ | 唯足るを知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4091270

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の現実を直視しなければ…:

« 海の時間 | トップページ | 唯足るを知る »