« 競争よりも大切なもの | トップページ | 哀しさや辛さを胸に… »

2006年11月19日 (日)

いじめの奥にあるもの

いじめニュースが続いている。教育相談の現場でそうした問題とも関わった経験があるが、まず最初に手を打たなければならないのは、いじめられた側については緊急に心身の安全と安定の確保である。学校の中でのことなら、緊急避難の選択としては「不登校」もその1つである。

個人的な体験や、関わってきた事例なども含めて考えれば、いじめられた側の自己肯定感はその期間が長いほど著しく傷ついているので、まず、その回復が急務である。被害者のケアに最優先で取り組まなければならない、ということである。

けれども、それだけでは問題は解決しない。加害者の側や周囲に再発防止の手立てを打つ必要がある。

大きなポイントの1つは周囲の傍観者の意識を変えることである。いじめを見過ごすことは、共犯者である…という意識をつけ、阻止できる力をつけさせることである。もちろん、必ずしも1人でやらなければならない…という事ではない。仲の良い、信頼できる仲間と共に阻止する方向に動けるようになれば……と考えられれば良いだろう。

もちろん、最大の課題は加害者の意識と行動を変えさせることである。特に、加害者が「いじめ」ではなく遊びの延長として「からかい」続けているだけ、と考えているだけの場合は、それが「いじめ」になっていることを意識させることで、被害者はもちろん、加害者自身も救われることになる。「からかい」そのものが無意識的なストレス発散として出ている場合も少なくないので、そうした場合はそのストレスの原因を掘り下げ、生活を改善していく道筋をつけていけば、再発防止の効果はさらに大きくなるだろう。

けれども、そうしたレベルで済まない場合は、それなりに強権的な手立てを使うしかない。警察や裁判なども視野に入れた対応を考えざるを得ないだろう。特に大人の社会での場合は、裁判なども視野に入れながら対応するしかない場合もある。そうした覚悟が必要なほど、実は、大人社会にもいじめや差別、弱者切捨てが横行しているのである。

ある意味では、「いじめ」を子どもの問題に矮小化してはいけない。現実社会の矛盾が、弱い立場の子どもたちに投影され、事件となって噴出しているのである。もちろん、具体的な事件としての「子どものいじめ」は、大人として対処してあげなければならない。が、おかしくなってしまった大人社会も、大人の責任で共生と弱い立場の存在への共感に満ちた社会へと変えていく努力が必要だろう。

|

« 競争よりも大切なもの | トップページ | 哀しさや辛さを胸に… »

コメント

最近、いや以前からですが教育の現場は荒れていますね。僕が感じているのは、20年程前から子供たち(今の30歳くらいの方々)はおかしくなっています。授業中に勝手に教室を抜け出したり、すぐに逆ギレしたり。少年による犯罪も増加しています。
ただし、イジメについては昔からあったことで、人間社会においては必ず起きる現象だと言えます。ところが、最近のイジメは陰湿になってきて度が過ぎるんですよね。
つまり問題なのは人間としての「道徳」の欠如だと思います。20年ほど前からそういう傾向に日本社会が傾いたようで、子供達の教育として大切な道徳心を親達が教えなくなってきてるんですね。子供に与える愛情を、単に甘やかすだけと勘違いしているバカ親が多いのです。極論ですが、子供に自由や人権なんて与えてはいけません。人間として半人前なのですから当然です。厳しく人間とはどう考えで生きるべきなのかを教え込むことが本当の愛情なんですね。この点アメリカの親達がどういう風に子供たちと接しているか日本の親は参考にすべきです。電車の中では子供は立ち大人に席を譲る。こういった基本的な礼節献上の心を日本の親は子供たちに教えることを忘れています。
教育現場の改善は必須ですが、それ以前にバカ親排除が我が国の重要課題だと思います。

投稿: うるとらの音 | 2006年11月20日 (月) 21時55分

確かに、そのように考えて「バカ親」に責任を押し付けてしまえばある意味では楽でしょう。でも、なぜその「バカ親」が出てきたのでしょうか。そこまで考えなければ、問題の解決にはなりません。そして、それを生み出した原因として政府の経済政策やそれに盲従して「人間」を育てることを忘れた教育行政の影響が大きいのです。

「改正教育基本法」体制をこのまま進めれば、確実に教育現場は荒れます。なぜなら、教育の荒廃は、教育基本法を下位の法律や行政指導によって次々に骨抜きにしていった結果なのですから。

教育に資本主義を導入しては子どもは育てられません。その尻拭いを、私はいくつかの現場で行っているのです。教育行政に任せては、子どもたちは救えない。私の力は小さいけれど、目の前の未来を見捨てることは出来ないのです。

投稿: TAC | 2006年11月20日 (月) 22時38分

なるほどねぇ。TACさんの仰るとおりですね。バカ親がなぜ「バカ」になってしまったかの根本原因を考え解決してゆくことがこの国には必要なことですね。
確かに教育の現場が荒廃していることから、「バカ」な親が増えたと考えられます。折角親が躾けた人格を、教育現場の怠慢から「人」を育てることを忘れ、「バカ」な人間が出来てしまったと考えられます。

それでは「人」を育てる教育、その為に「教育勅語」を再導入しようと言ってしまうと極論ですが、今の教育行政を改革してゆく必要が急務と言えますね。この意味でTACさんのご意見のとおりだと思います。

でも学校教育だけでは人は育ちません。「三つ子の魂百までも」という言葉がありますが、幼少の頃から「道徳」の躾をすることが肝要であって、その基本的人格が養われた上で、初めて教育現場における「人」の教育が活きて来るのであります。

逆に親の躾けが不十分である場合、教育現場での校正が可能かどうか?
不可能ではないでしょうね。現在のバカ親を反面教師に躾けてゆくしかありません。つまり子供達の心からバカ親を排除してゆくしかないのです。情けない限りです。。。

投稿: うるとらの音 | 2006年11月21日 (火) 22時56分

分かっている親もちゃんといるんですよ。でも、声が小さかったりする。だから、協力して声を上げられる環境を作ればいいんです。

できることから少しずつ…そして、時には休むことはあっても、可能なことを積み重ねていく。それしか出来ませんが、それが続けられれば、少しずつ変わっていくものですよ。

投稿: TAC | 2006年11月21日 (火) 23時44分

実は、僕には前妻との間に二人の息子(高1と小6)が居ます。親権は母親にありますが、未だに養育費と教育については僕も責任を負ってます。
話しは離婚する前のことです。
下の子の学校に新任の先生がやってきました。その先生は熱血風の方でして、授業中に勝手に立ち歩く生徒を殴って叱ったそうで、それがPTAに問題として取り上げられるという事件が起きました。僕が偶然別件の行事で学校へ立ち寄った際に、ついでに参加してくれとの要請を受け、僕も保護者代表側としてPTAの会議に出席したのですが、保護者側の一方的な暴力批判に思わず「あなたの息子さんが悪い。そういう教育をしてきた親である貴方の方が責任重大だ」と指摘しました。それがきっかけで、子供の教育論になってしまったのですが、その時感じたのは子供に対する愛情を誤解している親が多いということです。恥ずかしながらその時は「教育勅語の12の徳」を論じ、この「バカ親」達に子供の躾けが何たるかを徹底的に説いてあげたことがあります。最後は僕の正論に屈して黙ってしまいましたが、理解はしていないでしょうね。
別に暴力を肯定はしませんが、善悪は理屈ぬきに教えることも学校と家庭で必要なのではないかと思います。
あと、この熱血教師以外の先生は全くの腑抜けでありまして、そのせいもあり僕の家庭での子供の躾けには物凄く神経を使いました。今でも子供達とは電話や会うことがありますが、会話の内容も大人になってきて、自己の考え方を持つ子供達ですが、物の考え方として、礼節や謙譲をはじめとした道徳の心を基本に教えています。こんなに気を使うのは学校に自分の子供を任せておけないからとも言えます。学校で基本的な道徳をしかり教えてくれれば少しは親も楽なのですが,,,,

結論ですが、今まで教育現場には学業以外に期待するものはありませんでした。昔のような「人」を育てる教育。これを今の教育現場に期待することを諦めていました。

でもTACさんのご意見を頂戴し、諦めてはいけないのかな、僕にだって声を上げれば届くものもあるのかな、ふとそんな思いが今心を過ぎってます(^_^)

他人事ではない話題でしたのでつい熱が入ってしまいました。
長々と失礼しました。

投稿: うるとらの音 | 2006年11月22日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4246534

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの奥にあるもの:

» 債務整理 時事速報 教育の問題は教育で解決する! [債務整理(特定調停)任意整理が弁護士の先生に相談する前に自分で簡単にできちゃった!!]
債務整理 時事速報 教育の問題は教育で解決する!義務教育と受験との間にある問題はなぜ起こるんでしょうね?私が思うに、真の教育が存在していないんだと思いますね。試験のための勉強が優先で、実際に学んだことが使えない学生がそこにいるわけです。じゃぁ、何が起こるか必然的にわかりますよね。混乱です。いじめの自殺、履修問題も含めて、混乱だらけですね。なにか、根本からの解決策が見つからない限り、繰り返すだけです。このままだとやっぱり、まずい!!このブログでは、借金苦について書いてきてます...... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 01時40分

» 債務整理(特定調停)利息引き直し計算 [債務整理(特定調停)任意整理が弁護士の先生に相談する前に自分で簡単にできちゃった!!]
債務整理(特定調停)利息引き直し計算完済してから、3年ほどたっていましたので、過払いしていた500,000円ほどの金額を消費者金融に貸していたことになるので、その分の利息を年利5.0%で請求する事ができます。ふつう、これを見落としてしまうんですが、堂々と、請求する事ができるのです!債務整理(特定調停)利息引き直し計算... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 01時42分

» 利息引き直し計算ソフト【債務整理 相談】 [債務整理 相談]
プロも使っている利息引き直し計算ソフトがありましたので アップしておきますね。 過払いしてるかがすぐわかります。 50万の借り入れで、5年間真面目に返していれば、過払いの可能性が ありますので、やってみてくださいませ。 弁護士さん、司法書士さんに頼むのもいいですが、 お時間がある方は、パソコンでポチポチ数字をエクセルに 入れていくだけであとは勝手にはじき出...... [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 19時28分

« 競争よりも大切なもの | トップページ | 哀しさや辛さを胸に… »