« 教育を荒廃させる教育行政 | トップページ | 欲望との折り合い »

2006年11月13日 (月)

きっと歩いてゆけるから

友人のシャンソン歌手、北岡樹(みき)さん〈http://www.todoland.co.jp/MIKI/kitaoka.html〉のオリジナル・ソングに「きっと歩いてゆけるから」という歌がある。シンドイ思いをして心が疲れきった時、元気がなくなったときに、聞きたくなる歌の1つだ。

作詞の方と北岡さんの出会いから生まれた歌だと聞いているが、本当に辛い思いをして、それでも希望を失わずに生きていこうとする作詞者の心が、歌詞の言葉ににじんでいる。それが、北岡さんの低く伸びのある歌声に乗って疲れた心にしみこんでくる。

特に、ライブなどの生の声で聞いていると、歌声に抱きしめられているような感じがすることも少なくない。生きていれば、色々と辛いことや苦しいときがある。それでも何とか今まで生きてきたが、この歌、この人に出会えたことで踏み止まれた…という体験が確かにあった。そういう経験ができた幸福……。大ヒットをしているような歌ではないが、大切な一曲である。

|

« 教育を荒廃させる教育行政 | トップページ | 欲望との折り合い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4175842

この記事へのトラックバック一覧です: きっと歩いてゆけるから:

« 教育を荒廃させる教育行政 | トップページ | 欲望との折り合い »