« あきれた《タウンミーティング》疑惑 | トップページ | 紅茶の美味しい季節 »

2006年11月 9日 (木)

愛国心…国民に愛を乞う【国】

江戸時代の米沢藩主・上杉鷹山は、藩の家督を継ぐ際に次のような歌を詠んだと言う。

受け継ぎて国の司の身となれば 忘るまじきは民の父母

そして、春日神社に「民の父母としての政治」を行うことを誓って誓詞を捧げていたことが後の研究で分かっている。米沢藩の人々は上杉鷹山に愛され、飢饉で近隣の藩が餓死者を出した時も1人として餓死者を出さなかったらしい。鷹山は人々に慕われたが、決して「愛する」ことを強要していない。その必要すらなかったのである。

対して、現代日本の政治を見てみよう。なぜ、「愛国心」なるものを国民に強要しようとしているのだろうか。国民に愛される政治さえしていれば、そんなものを強要しなくても、誰もが【国】を愛するだろう。そんな政治をしていないからこそ「愛国心」を押し付けなければならないのであり、そうした動きそのものが現在の国政が国民不在の政治を続け、国民を愛していない政治を行っていないという事実を示している。国民に、愛されていない政治をしているという自覚があるからこそ、「愛国心」を問題にしなければならないのだろう。

上杉鷹山は日本の歴史上の人物であり、財政を再建し、民を大切にする政治を行った。日本の歴史や伝統を大切にしようと言うのであれば、この上杉鷹山の政治から多くのことを学べるはずである。「愛国心」を語る人々、特に政治家や官僚は、国民に愛を乞うのではなく、上杉鷹山の政治姿勢にこそ学んでもらいたいものである。

|

« あきれた《タウンミーティング》疑惑 | トップページ | 紅茶の美味しい季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4129296

この記事へのトラックバック一覧です: 愛国心…国民に愛を乞う【国】:

» 愛国心とはなにか、あるいは、『国家の自縛』、官僚の自縛。佐藤優と米原万里 [試稿錯誤]
                                         雑誌、新潮45 2006.10月号。 佐藤優(外務省職員、休職中)は、米原万里(エッセイスト、ロシア語通訳者)との交流を描いている。 (以下、抄録) ### 「文筆に従事するようになってから、人と会うことが多くなったが、人見知りの激しさに変化はなく、現在、職業作家で個人的交友があるのは2人だけだ。4ヶ月前まではもう一人、私のほうから積極的に出かけ、話をする作家がいた。今年5月25日に他界された米原万里さん... [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 08時37分

« あきれた《タウンミーティング》疑惑 | トップページ | 紅茶の美味しい季節 »