« 意識の集中をめざして… | トップページ | 教育行政の放漫 »

2006年12月21日 (木)

過労死を増やす気なのか!

ホワイトカラー・エグゼンプションの導入が議論されている。ところが、その前提となる「自律的な労働」が、実はまともに条件付けられていない。実際問題として、日本のホワイトカラーと呼ばれる労働者のほとんどが、自らの裁量で会社の都合や経営者の意思に関係なく仕事を配分・調整できる権限を持ち合わせていないからである。

そんな中でホワイトカラー労働者に対して労働時間規制の適用を除外する自由を企業に与えれば、不法行為の賃金未払い労働である【サービス残業】の不法性を不当に消滅させてしまう。結果として労働時間の増加と賃金の抑制につながる可能性は大きく、一層、ウツや自殺、過労死が増える危険が指摘されている。そういった点を考慮すれば、とんでもない制度であると言えよう。

ことは労働条件、労働問題に留まらない。それは、労働環境の問題に留まらず、労働者から家庭での時間を奪うことにもつながり、少子化の抑制に逆行するばかりでなく、家庭の教育力を一層弱体化させ、地域での活動や自主的なボランティアの時間さえも奪っていくことにもなる。企業経営者の目先の利害のみにつながる制度変更でしかないにも関わらず、厚生労働省は、これを進めようと動いている。薬害エイズなども含めて、国民・労働者の敵である厚生労働省の姿を象徴している事例の一つである。

このように問題の大きいホワイトカラー・エグゼンプションを何故導入しなければならないのか。連合はもちろん、マスコミも、この制度の問題点を徹底的に調べ上げ、導入を断固阻止する必要がある。今の日本の労働現場の現実からすれば、国民生活を破壊する改悪になってしまうのだから。【愛国心】を口にする人々よ、「美しい日本」を守るために、ぜひともホワイトカラー・エグゼンプション導入の阻止に全力をあげてほしい。

|

« 意識の集中をめざして… | トップページ | 教育行政の放漫 »

コメント

この制度、全面否定はできません。
既に裁量労働にいる僕は年俸制なのですが、アメリカと違って、賞与も含まれた年俸。だから、年度の初めには夏冬のボーナスがいくらになるのか分ってしまってるという意味の薄い賞与となっています。それは兎も角、一方で労働時間の規制も実質無いわけでして、いつどこでどのような仕事をしても、約束した成果さえ守れば自由というメリットがあります。これはサービス残業の黙認化とも捉われがちですが、実は研究職にとってはこの自由な時間のお陰で従来に比べて2割程度業務効率が向上(スピードアップ)しています。実力主義・成果主義が基本の制度ですから競争心も駆立てられて結果として個人のスキルの伸張度合いが増す結果となっているのです。ただし、努力をしない人間は落ちこぼれてゆきますので、非常に厳しい制度とも言えますが、これは本来あるべき姿ではないかと思います。
問題なのは上司から個人の働きが見え難くなりますので公平な評価・査定が難しいところでしょうか。部下の評価に対する不満も少なからず発生します。これが裁量労働における一番厄介な問題でして、各企業はこの評価法の確立に未だ試行錯誤といったところが現状です。
このように研究職にとっては意味のある制度ですが、他職種(技術や営業)にとってはどうでしょう? 我々労働者にとってのこの制度のメリット・デメリットは運用のし方次第と言えるでしょう。
でも良く考えてみれば、既に現在でも企業内の運用でホワイトカラー・エグゼンプションは行われているのですから、これを今更法定化する必要はない思いますね。逆に言えば、まだ裁量労働のシステムが未熟な現時点で法定化するのは危険です。ともすれば職種を問わず企業による労働酷使が暴走する危険性が増しますものね。この意味で、断固これは阻止すべきと思います。

投稿: うるとらの音 | 2006年12月24日 (日) 11時46分

労働者の保護システムがきちんと構築・整備された上でならば過労死やウツ、自殺の原因にはならないわけですし、本当の意味で自己裁量可能な立場の人であればメリットはありますね。

しかし、問題は労働者の保護を置き去りにして議論を進め、問題点が明らかになる前に導入しようと画策している動きがあることです。短期的には、企業経営の人件費削減に役立つかもしれませんが、さらに自殺や過労死が増えれば、企業としても国としても大変なマイナスになることが厚生労働省や財界には分からないのでしょうかねえ。

大企業過保護の亡国政策の一つだと思います。

投稿: TAC | 2006年12月24日 (日) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4630852

この記事へのトラックバック一覧です: 過労死を増やす気なのか!:

» すごすぎる、これが本物の内容です♪ [すごいよ、これ♪]
会社勤めの会社員の皆様へこれは、間違いなく、今日本で一番売れているアフィリエイトノウハウで、日本で一番評価が高いアフィリエイトノウハウです。この商材、本当に素晴らしいです!ネットビジネスの本当の意味での醍醐味と、ネットビジネスの発...... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 19時51分

« 意識の集中をめざして… | トップページ | 教育行政の放漫 »