« 太平洋戦争開戦の日に… | トップページ | 良く寝た…ということは?! »

2006年12月 9日 (土)

企業過保護の亡国

労働環境が悪化する中、経済財政諮問会議で提案された「労働ビッグバン」は、さらにそれを悪化させようというものであった。「景気回復」の実感が一般には乏しく、その足腰が弱いのは内需の拡大が不十分だからであり、それは、大企業の論理やアメリカ政権の要求を優先した経済政策の結果である。一般の国民や地方の普通の企業が恩恵を被っていない以上、内需の拡大はもちろん国民からの税の増収は見込めない。一時は外需に活路を求めることは出来ても、内需の勢いを取り戻さない限り長期的な経済成長は見込み薄だろう。

労働環境の悪化は、少子化問題や教育の荒廃ともつながっている。長時間・低賃金労働に縛られていては、安心して家庭生活や子育てを充実させるのは難しい。これ以上一般国民や労働者を疲弊させては、国そのものが滅んでしまう。

政府・与党は、大企業に対する過保護の経済政策を転換する必要がある。まずは、各種の諮問会議に様々な立場・考えを持つ人材を発掘し、登用すべきであろう。労働者の代表の存在しない経済財政諮問会議や一般の教職員や父母の代表のいないような教育再生会議では現場の実態・現実がわからず、返って間違った結論を出してしまう危険が大きくなってしまう。必要なのは、広い視野・長期的な視野からの提言であって、一部の利益だけを追求するような「提言」では、将来的にはすべてが崩壊してしまう。

大企業の代表者たちは、タコが自分の足を食べて生き続ける事が出来ない、という事実を無視しているのではないだろうか。労働者の賃金すら上げられないトップは、経営能力に欠けていることをもっと自覚すべきだろう。それを考えれば、労働者の賃金が上げられない企業経営陣に、高給を受け取る権利はない。悪質な給料泥棒であり、それを野放しにして【サービス残業】などと呼ばれている賃金未払い労働を放置していては、不当な格差が拡大し続けるだけである。

今のように大企業過保護の経済・財政政策を続けていれば、甘やかされた大企業はやがてその力を失い衰退していくだろう。国民増税・大企業減税など、長期的な展望のない、私利私欲の提案である。子育てに過保護がよくないように、大企業に対する過保護な経済・財政政策は、国民ばかりでなく当の大企業の未来をも奪ってしまう。それとも、太平洋戦争の時と同じ様に、自ら滅亡への道を突き進みたいのだろうか?

|

« 太平洋戦争開戦の日に… | トップページ | 良く寝た…ということは?! »

コメント

企業は、労働者にあまりに悪い環境は社会主義化を加速させかねない、と福利厚生をある程度充実させてきましたけど、そういう意味でも最近の企業は逆行してますね。ま、「会社は株主のもの」というのが数年前まではタテマエにすぎなかったことで、連結決算をするようになってなんかどこもやたら利益を追求するようになりましたが。
 欧米でなんで8時間労働が当然とされているかといえば、単に心身の健康を考えてのことではなく、一つには人間の存在が個人単位である以上集団の都合で無碍にするのは好ましくないこと、二つ目には8時間労働を守るという契約も契約なので破ることは許されないという考え方があること、そして、余暇というものがないと会社などの集団と自分との距離がきちんととれないと考えられているからでしょうね。どの点をとっても日本では考慮されてません。
 サービス残業が、どうして日本では当たり前なのでしょうか。そして、日本ではサービス残業なしでは回っていかないとされる企業のあり方がが、どうして外国ではサービス残業なしでもちゃんと成り立つのでしょうか。ぜひいろんな人に考えてほしいです。
 こんな状態だからこそ、最低賃金を生活保護より上回らせたうえで、生活保護を拡充(適用されやすくする)すべきだ、と私は思いますけどね。むろん生活保護の基準は厚生労働大臣が決めるんじゃなくて国会で決めるようにして。こうすると、権利としての退職もあり得ますからね。

投稿: かじか | 2006年12月10日 (日) 01時35分

高い給料をもらうなら、それだけの仕事をするべきであり、労働者の賃金を上げる能力のない経営者は、基本的に失格だと思いますよ。もちろん、緊急避難的に上げられない場合は仕方がないかも知れませんが、その分、自らの給料をより多く下げるべきでしょうね。それは、官僚や国会議員も同じです。

それが出来ないのは、企業を甘やかしているからでしょう。その辺りを自覚しないと、まさしく国が滅びます。だいたい、下の者の意見を聞けない指導者は、明らかに度量不足であり、それを自覚してさっさと身を引くべきです。それが、美しい日本の伝統ではなかったでしょうかねぇ。

ということで、「日本の伝統」から考えてもおかしいですよね。大企業過保護はいい加減に止めて欲しいですね。当の大企業のためにも…です。

投稿: TAC | 2006年12月10日 (日) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4479991

この記事へのトラックバック一覧です: 企業過保護の亡国:

» 最強投資方法発見!! [オヤジのワラント、株、FX、投資日記]
投資王座決定戦!デイトレ、株、ワラント、FX、IPO、先物どの投資が一番儲けることが出来るのか! [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 19時16分

» 父親として娘の成長記録 [子育て日記]
父親として娘の成長記録を書いていきます。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 00時16分

» 巨大タコ:怒らすと恐ろしい生物! [どーでも動画【youtube】]
タコが怒って、攻撃しています!!吸盤の力ってすごいっす! 襲われた本人は、髪の毛のほとんどを引きちぎられたとか・・(涙 [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 15時45分

« 太平洋戦争開戦の日に… | トップページ | 良く寝た…ということは?! »