« 子ども省よりも家庭時間の充実を! | トップページ | 仕事は始まったが… »

2007年1月 4日 (木)

童話作家…グレープ・さだまさしの歌

『帰去来』というさだまさしの1stアルバムに「童話作家」という歌がある。実はこの歌、グレープの解散コンサートの時にも歌われている歌である。その時のステージ・トークによると、解散するといっても、新しいものを加えておきたい…という思いから歌われた、ということらしい。

その経緯も知っていたので、『帰去来』を買ったときにアルバムの中に「童話作家」か入っているのを見て非常にうれしかった記憶がある。もちろん、アレンジはグレープの解散コンサートで歌われていたものとは違う。それでも、初めて聞いたときから「童話作家」という歌は好きだったので、今でも歌詞はすべて覚えている。もちろん、ギターを持てばコピー演奏までは無理だが、それなりにコード進行に沿って伴奏もできる歌である。

歌詞の中に、本当を書くのは難しい…というようなフレーズが出てくる。詩や小説や童話を書いていると、それを切実に思うことがある。文学を書くのはある意味ではフィクションの構築だが、その根底には何かしらの真実がないと作品として納得できるものにはならない。それを実感しているからこそ、いっそうこの歌が好きになる。

そして、自分がウソツキ…というようなフレーズがそれに続く。そう、人間は弱く、真実は時として人間の心を追い詰めるので、生きていく上ではどうしても嘘が必要になる。ただし、自分だけが得をしようとしてつくたちの悪い嘘を許すつもりはない。それでも、嘘なしに人が生きていけるとは思えない。嘘は、人間の哀しい弱さゆえに生じてしまうのである。

だから、この歌は愛おしい。さだまさしの歌の中で、何度も何度も聞きたくなる大好きな歌である。

人気blogランキング

コメントは日本語でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 子ども省よりも家庭時間の充実を! | トップページ | 仕事は始まったが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4796461

この記事へのトラックバック一覧です: 童話作家…グレープ・さだまさしの歌:

» 童話作家になろう! [童話作家の情報サイト]
童話作家に関する様々な情報を掲載しております。 [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 16時38分

« 子ども省よりも家庭時間の充実を! | トップページ | 仕事は始まったが… »