« 松園の【焔】をめぐって | トップページ | ひとりでお帰り…谷山浩子を聞きながら »

2007年1月 1日 (月)

激突! 天皇杯

元旦…と言えば天皇杯。実は、サッカーがけっこう好きなので、天皇杯決勝は毎年楽しみにしている。今年は、浦和レッズvsガンバ大阪ということで昨年のJ1のリーグ優勝を最後まで争った2強の激突となった。

そして、浦和レッズはブッフバルト監督の退任・帰国、ガンバ大阪はキャプテンをも務めた宮本のヨーロッパ移籍を前にした最後の負けられない試合。そういう訳で、その思いと意地のぶつかり合う緊迫したゲームとなった。

終始攻勢だったのはガンバ大阪。何度となく浦和レッズの陣内を切り裂き、決定的なシーンをつくりシュートを放つ。それを浦和レッズが守りきって0点に押さえきった。特にゴールキーパー都築の守りは素晴らしく、入ってもおかしくないシュートを何本も好セーブしたりはじき返したりした。だが、攻撃面では浦和レッズはなかなか波に乗れず、苦労した。期待していた小野も後半に左足を傷めたようでもう一つ精彩を欠いていた。それでも、数少ないチャンスを活かし、後半の終わりごろになって永井がボールをゴールに押し込んだ。

結局、その1点が決勝点となって、浦和レッズがJリーグ発足以来初めての2連覇を成し遂げ、リーグ優勝に続くシーズン2冠を達成したのである。試合後の表彰式で、ブッフバルト監督の目が潤んでいたのをカメラが映していた。選手として当時は弱小チームだったレッズをひっぱり、そして再び監督として来日しレッズに見事な結果を残してくれたブッフバルト監督が去るのは寂しいが、日本サッカーと浦和レッズに深く関わり続けてくれた彼の帰国に対する最高のはなむけとなったのではないかと思う。

なかなか緊迫したおもしろい天皇杯決勝であった。

|

« 松園の【焔】をめぐって | トップページ | ひとりでお帰り…谷山浩子を聞きながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/4756632

この記事へのトラックバック一覧です: 激突! 天皇杯:

« 松園の【焔】をめぐって | トップページ | ひとりでお帰り…谷山浩子を聞きながら »