« ココログ・フリーがおかしい | トップページ | 『孤独』…スザンヌ・ヴェガの視線 »

2007年2月 8日 (木)

『ABYSS』…野波浩の幻想写真

写真にも、こんなことが可能なのか…それが、最初見たときの率直な感想だった。確かにそれは写真なのだが、一枚一枚が、まるで象徴主義の絵画のような印象を受ける。下手なヘア・ヌードよりもセクシーで、しかも見ていて飽きない。『ABYSS』に集められた写真は様々なイマジネーションをかきたててくれる。

本来、写真は目に見えるものをそのまま写し撮るものだ…という固定観念がある。だが、シーンをどのように切り取るか、によって見え方がまったく異なってくるのを知っている人間は少ない。少なくとも、自分の撮影技術はともかく、切り取り方によって見る人への伝わり方は変わってくる…ということは分かっているつもりだった。だが、意識の中に、写真そのものも加工ができるし、それによってまったく作品が変わってくるのだ…ということまでは知らなかった。それを教えてくれたのが野波浩であり、彼の写真集『ABYSS』である。

初めて本物のモローの絵を見たとき、こういう表現は絵画にしか出来ないものだ、と思ったし写真の《写実》に対抗せずに絵画しかできない表現を追及していけば良いのだ、と考えたものだった。だが、《写実》だけではない写真の可能性を、この『ABYSS』はおしえてくれた。同じ野波の『EUREKA』とともに、ゆっくり見ていると様々な物語が湧き出し、幻想の中を漂う楽しさを味わうことができる。

手元において、時々、ゆっくりとひたっていたい写真集である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« ココログ・フリーがおかしい | トップページ | 『孤独』…スザンヌ・ヴェガの視線 »

コメント

はじめまして、
野波さんのサイトご存知ですか?
メルマガ登録すると写真集には掲載されていない作品もみれちゃいます

http://hiroshi-nonami.com/

そして、
ココで購入すると実は、もれなく「サイン本でポストカード付き」ですよ

http://hiroshi-nonami.com/ja/books.html

投稿: rui | 2007年3月25日 (日) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/5266714

この記事へのトラックバック一覧です: 『ABYSS』…野波浩の幻想写真:

« ココログ・フリーがおかしい | トップページ | 『孤独』…スザンヌ・ヴェガの視線 »