« 2つのアルカディア号 | トップページ | ハッブル宇宙望遠鏡のとらえた宇宙 »

2007年2月15日 (木)

難破船…加藤登紀子と中森明菜

「難破船」という歌がある。中森明菜が歌って大ヒットした曲だが、作詞・作曲は加藤登紀子。そうしたことから、加藤登紀子も同じようにこの歌を歌っている。

「難破船」がヒットしていた当時、中森明菜の恋愛トラブルも週刊誌を賑わしていたように記憶している。そうしたことも背景にあったからだろうか、中森明菜の歌う「難破船」は情感がこもっていて、とても胸に迫る歌だった。だから今でも、カラオケのレパートリーの1つになっている。

けれども、それ以上に味わいが深いのが、加藤登紀子の歌う「難破船」である。中森明菜の歌ももちろん素晴らしいのだが、加藤登紀子の歌は生きてきた人生の歩みの長さと重さをも感じさせる。明菜のそれが「手を差し伸べたい」という気持ちにさせる歌だとすれば、お登紀さんのそれは手を差し伸べることすらできずにたたずむしかない…という感じであろうか。けれども、もうこれ以下はありえないどん底だからこそ、一歩でも踏み出せば少しでも昇るという結果がついてくる…そんな「闇」の果ての「希望」をも予感させる。

どちらの歌も、それぞれの個性を発揮した歌に仕上がっている。明菜の可愛らしさとお登紀さんの奥深さ……。たまには聞き比べるのもおもしろいかも知れない。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 2つのアルカディア号 | トップページ | ハッブル宇宙望遠鏡のとらえた宇宙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/5357272

この記事へのトラックバック一覧です: 難破船…加藤登紀子と中森明菜:

» 作詞 講座 [スキルアップ出来る講座]
スキルつまり技能を身に付けるために講座を受けるのですが貴方に合った そしてスキルアップできる講座ですか? [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 17時44分

« 2つのアルカディア号 | トップページ | ハッブル宇宙望遠鏡のとらえた宇宙 »