« 『拳児』…中国拳法の魅力 | トップページ | 疲れたときは… »

2007年2月19日 (月)

つばさ…本田美奈子を思いながら

本田美奈子の《ジャンクション》というアルバムの10曲目に「つばさ」という歌が入っている。このアルバムはいろいろとバラエティーに富んだ歌が楽しめるが、中でも一番すきなのがこの「つばさ」という歌である。

作詞は岩谷時子。アイドルの時代、ロック歌手の時代の歌とは異なり大きく広がる詞をしっとりと歌い上げていく。特に、最後に繰り返されるサビの手前のところでは、本田美奈子の高く澄んだ声が延々と伸びる。それがまた、宇宙へと翼を広げて飛翔しようとするイメージと重なり、驚きと感動を与えてくれる。

私には翼がある。そしてあなたにも。本田美奈子の歌声は、その魂が天国へと羽ばたいていった今でも私たちの元に残され、希望をつむぎ続けてくれるのである。忙しい日々、疲れきった身体、日常の雑事に追い立てられて心を見失いそうになった時、本田美奈子の歌声が優しく、そして力強く心に語りかけてくれる。

希望を捨ててはいけない。生きるのだ。前向きに、新しいチャレンジを次々と重ねて、40年に満たない短い生涯を駆け抜けていった彼女の生き方がこの歌に重なる。もっと、生きていて欲しかった。けれども、私は生きている。彼女の分も、何かしらの希望を少しずつでも積み重ねたいと思う。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 『拳児』…中国拳法の魅力 | トップページ | 疲れたときは… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/5411908

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ…本田美奈子を思いながら:

» 田丸麻紀のヒド過ぎる悪態の動画像 [陣内の元カノの女優の田丸麻紀の悪態]
女優の田丸麻紀(28)がマレーシア観光親善大使に就任した。 今月クアラルンプールを視察した田丸は「食べ物もショッピングも、そして何よりエステが安い。また行きたくなるところ」とアピール。一部で女優の藤原紀香(35)と挙式したタレント陣内智則(33)の“元カノ”と報じられたことについては「大親友ですけど、笑っちゃいました」とあっけらかんと語った。 しかし、島田紳助の番組内で田丸が陣�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 1日 (木) 10時22分

« 『拳児』…中国拳法の魅力 | トップページ | 疲れたときは… »