« 新しいblog | トップページ | 夢をたどって…小室みつ子のアルバムから »

2007年2月 5日 (月)

差別政策を続けていいのか?

先日、知人が名古屋入管に拘留された。結婚の手続きを終えて、書類を整え、言われた通りに2回目の出頭をしたにも関わらず……である。人権擁護の観点からすれば、別に逃げも隠れもしていないのだから、拘留しなければならない理由は思いつかない。

それを知ったのは、彼女の友人が突然の拘留に慌てて相談の電話をかけてきたからであり、夜の仕事を終えてアパートに行くとその友人夫婦と交流された女性の配偶者が頭を悩ませているところだった。次の日にも面会に行く…という話だったので、2つのことをアドバイスした。1つは、担当の係官をきちんと確認し、面会にいけない日でも何度でも電話をするように…ということ。そしてもう1つは、配偶者の権利として仮放免申請をすることが出入国管理法及び難民認定法(入管難民法)でも認められているので、すぐにでもその手続きをするように…ということである。

問題なのは、名古屋入管の職員は、通常の市役所や公共施設などの職員が勤務中につけている筈の名札をなぜかつけていない(これは別の事例でも耳にした)らしいことであり、それは責任者をごまかそうとしている可能性がなきにしもあらずである点と、入管難民法にも書かれている配偶者の権利としての仮放免申請の説明をまったくしていなかったという点である。拘留されている女性はアジア人であり、その配偶者も私よりも年上の人で、当然、入管難民法や国際人権規約などの法律はほとんど知らない。無知な市民に対する悪質な人権侵害体質が入管をはじめいくつかの組織にはあるようだ。

けれども、少子高齢化が進む中、そんな事をしていていいのか…という問題が実はある。例えば、自由貿易協定の中でフィリピンから、看護士や介護士の受け入れ枠を拡大することが決まっているが、現地を取材した記事によると、言葉の問題があるため、日本を希望する看護士たちは意外と少ないらしい。

ボランティアの日本語教室で教えているとよく分かるのだが、日本語の構造は非常に特殊で、例えば語順については中国語やタイ語や英語は割りと似ているが、日本語はまったく系統が異なる。だから、アジア人にしろ欧米人にしろ日本語を習得するのは日本人が考えている以上にずっと大変なのである。

そうしたマイナス面があるのに加えて、特にアジア人に対する上級官僚や政治家などの持っている差別意識と関わって、日本人として恥ずかしくなるような人権侵害事件を目にすることも少なくない。そんな対応をされて、外国人労働者が喜んで日本で働こうとするだろうか。そうした点は、もっともっと考える必要はある。

こちらが相手を心から尊重し、親愛の情をもってつきあっていれば、他国からきて習慣や考え方の異なる人々でもたいていは親愛の情を示し、大切にしてくれる。10年、いやもっと先のことを考えれば、差別政策を撤廃し、他国の人々の人権も尊重しつつ信頼関係を構築することは、経済的にも平和を維持するためにも、明らかにプラスになる。

外国人差別はいい加減に止めるべきだ。そして、一般の人々以上に根強い差別意識を持つ官僚や政治家に、徹底した人権教育が必要であろう。

 

人気blogランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 新しいblog | トップページ | 夢をたどって…小室みつ子のアルバムから »

コメント

オーバーステイだったのでしょうか?
それにしても婚姻手続きを済ましているにも関わらずその仕打ちは酷いですねぇ。入管での拘留であるならば、TACさん仰いますとおり仮放免申請するか、すでに日本側の入籍を済ませているのであれば旦那様の訴えで拘留事実に対する異議申し立て申請をするのが良いでしょうね。
いずれにせよ言葉の障壁から日本を敬遠する外国人も多い中で、その上人権侵害めいた行為が目立つとなると国際社会の中で日本の魅力は損なう一方であり、経済的にも文化交流的にも大きな損失となり得ることを官僚各位には認識してもらいたいものですね。

投稿: うるとらの音 | 2007年2月 7日 (水) 23時14分

以前Shimadaさんのblogで「日本の入管は三流」というやり取りをしたことがありましたが、アジアの国の外交官の入国を拒否したバカ入管もあったようです。

この事例ではオーバー・ステイの問題もあったのですが、正直に書類をそろえて出頭している相手を拘留するのですから、人権意識の欠如は大きな問題だと思います。私が外務大臣なら、すべての外務官僚に徹底した人権教育を行う必要を感じます。小・中学生以下の人権意識ですから……。

投稿: TAC | 2007年2月 7日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/5225854

この記事へのトラックバック一覧です: 差別政策を続けていいのか?:

» 俺も名古屋に行きたい [141chanの気まぐれ日記]
俺も名古屋に行きた〜いっ!! なぜかって言うと社長が名古屋に出張に行ってるからです。 名古屋って新幹線で通過したぐらい。 残念ながら名古屋ドームが見えたっ!!って思い出しかなくて…。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 15時43分

« 新しいblog | トップページ | 夢をたどって…小室みつ子のアルバムから »