« TMNと小室哲也/2つのResistance | トップページ | 目の疲れと花粉症 »

2007年3月 2日 (金)

Flashdance…夢を追って

久しぶりに夜の時間がとれた夜、DVDプレイヤーにセットした映画は「Flashdance」だった。1983年の映画だが、魅力的な音楽とダンス、そして夢に溢れている。主人公のアレックス(アレクサンドラ)を好演するのはジェニファー・ビールス。昼は鉄工所で働き、夜はバーの舞台でダンスを踊りながら、バレエの舞台に立つことを夢見ている。

仲間たちとの交流、そして恋、様々な経験をしながらも、なかなか大事な一歩を踏み出せないアレックス。それを励まし、支える老プリマ・ハンナ、恋人・ニック、そして友人たち…。迷いや不安の中でもがき続ける日々。そんな日々をダンスと音楽が彩る。

一流のアーティストたちが集う、この映画のサウンド・トラックは、映画と離れて一枚のアルバムとして聞いても納得できる歌で満ちている。アイリーン・キャラ、ドナ・サマー、マイケル・センベロなどの実力派がこの映画の歌/音楽を支えているのである。

そして、舞踏学院のオーディションの場に立つアレックス。アイリーン・キャラの歌に乗せて踊るアレックスのダンスは見ているだけで身体がリズムを刻みだす。そして、合格の喜びをニックと二人で分かち合うラスト…。ダンスと音楽と、アレックスを演じたジェニファー・ビールスの生き生きとした表情が愛おしくなる。そして、見ているだけで元気が出てくる映画である。

最近は、忙しい毎日が続いていて、映画どころかテレビやDVDを見る時間もあまりない。が、この【Flashdance】は、何度でも見たくなる映画の1つである。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« TMNと小室哲也/2つのResistance | トップページ | 目の疲れと花粉症 »

コメント

あの映画は私も好きです。我が家には腐るほど
DVDがありますが、一度もみず包装したままのものもあれば、一度だけみて(中には途中で見るのを止めてしまったものも)ラックに放置される内容の薄いものもあります。そして何度でも繰り返し見るDVDがあります。このフィルムはうちでもやっぱり繰り返しみるコレクションの1つです。あのアイリーンキャラの歌、私が大学を卒業後、英国に一年留学した時、長い南回りの飛行機の中で、希望に胸膨らませてウォークマンで何度も何度も聞いた曲です。自分をアレックスにオーバーラップさせていたのかも知れません。

投稿: アサヒ | 2007年3月 3日 (土) 11時26分

DVDはまだまだ少ないですが、VHSのコレクションは本当に売るほどあります。本当は、それをDVDに変えたいところですが、まだまだですねぇ。

音楽だけでも楽しめるサントラは、このFlashdanceとPretty Womanが双璧ってところでしょうか。オムニバス感覚で楽しめますからね。

投稿: TAC | 2007年3月 3日 (土) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/5548637

この記事へのトラックバック一覧です: Flashdance…夢を追って:

« TMNと小室哲也/2つのResistance | トップページ | 目の疲れと花粉症 »