« 八十八夜…NSPの歌より | トップページ | 『オニババ化する女たち』を読む »

2007年4月27日 (金)

歩こう! 歩こう!!

今回の職場での最後の仕事が遠足のつきそいだった。幸い、朝から良い天気で、子どもたちも時間通りに集まり、予定より少し早く出発した。ここでは、春の遠足は、しっかり歩かそうという形をとっている。そして、個人的にも子どもの頃から歩くのは好きだった。ただ、メンバー構成の関係で、車係と相成った。

それでも、出発駅で子どもを見送った後、目的地の最寄の駅まで車を先回りさせ、駅のすぐ近くの交差点に向かう。実は、この駅の交差点が一番交通量も多く、道も変形5叉路になっていて危険な箇所である。子どもたちは70名を少しわる程度の人数でつきそいは4人。信号や車に注意して子どもたちを渡らせ、2つ目の信号交差点まで横を歩き、全員を安全な歩道まで渡らせてから、最初の目的地まで先回りする。そして、そこから迎えに歩き出す。…こんな具合だったので、車係であるにも関わらず、けっこう良く歩いた。

最初の目的地から、次の目的地の展望台へと移動するときには、さすがに歩きつかれて進むのか遅くなった子どもたちが7,8人、最後尾を歩いている。くじけそうになるのを励ましたり、横道に逸れそうになるのを引き戻したり、少し笑わせたりして元気付けたりで何とか展望台まで送り届ける。

「歩こう 歩こう」と少しふしをつけて言うと、「トトロでしょう?」と笑う。続いて「歩くのキライ」などというので「じゃあ、走りな」と切り返す。少し太り気味で足取りが重かった子どもたちも何人かいたが、とにかく全員を展望台に移動させて休憩をとる。休憩時間になると、足取りの重かった子たちも元気に走り回るのがおかしい。

その後、徒歩で次の目的地に向かう子どもたちの出発を見送った後、ボールやなわとびなども積んである車に戻り、別の道から次の目的地の芝生公園に向かう。そこで、弁当と休憩。子どもたちは楽しそうに遊び回っている。だが、歩く時になると元気がなくなったりするのがおかしい。帰りも、先に交差点まで車を回し、迎えに戻る。そして、全員が駅のホームに入った後、解散予定の出発駅に車を回す。歩く距離もそれなりに多い1日だった。

遠足のつきそいも20年ぶりくらいになるので多少疲れたが、やはり歩くのは気持ちが良い。忙しさの中で忘れかけていた心地よい足の筋肉の疲れの感覚を今夜はじっくりと味わいたいと思う。明日の朝、体中が痛くならなければいいのだが……

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 八十八夜…NSPの歌より | トップページ | 『オニババ化する女たち』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6230539

この記事へのトラックバック一覧です: 歩こう! 歩こう!!:

« 八十八夜…NSPの歌より | トップページ | 『オニババ化する女たち』を読む »