« 春の嵐の後で | トップページ | ウルトラセブン1999印象記…私は地球人 »

2007年4月15日 (日)

主人公…さだまさし《私花集》より

さだまさしの3rdアルバム《私花集》の最後に【主人公】という歌が入っている。さだまさしの歌の中では【夢】【童話作家】【極光】などと並ぶ、特に大好きな歌の1つである。さだまさし自身もそれなりにこだわりがあるようで、《帰郷》などにはアレンジを変えたものも収録されている。ただ、個人的には《私花集》のアレンジの方が好きである。

時には、思い出をたどって懐かしい街並みをたずねてみたい。毎日の仕事や生活に追われ、心に疲れを感じると、ふとそんなことを思う時がある。金も地位も力もなかったが、時間と希望だけはあった若い頃。そんな時代を過ごした懐かしい街で思い出をたどりたくなる。様々な選択をし、今の自分がある。それゆえに、あの時、別の道を選んでいれば、また別の人生になったのかも…とも思う。

けれども、今の生き方は、自分の今までの選択の結果でもある。別の選択をしていれば出来なかった事、出会えなかった人はたくさんいるだろう。だから、それなりに苦労もあったし、辛いことや悲しいこともあるが、逆に、楽しいことも多かったし、それなりの幸せを感じられる時間も数多くあった。

だからこそ、時には、思い出に浸ることはあっても良いが、今までの自分自身の歩みを受け入れ、今の自分を精一杯生きたい。自分の人生の主人公は、さだまさしが歌い上げているように、あくまでも自分なのである。過去を悔やむのではなく、辛かったことや悲しかったことも含めた過去の温かさに励まされながらも、今の自分を、胸を張って生きたい。この【主人公】は、いつも、そんな気持ちにさせてくれる歌である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 春の嵐の後で | トップページ | ウルトラセブン1999印象記…私は地球人 »

コメント

自分の人生は自分が主人公、人生運営会社の社長でもありますね。
さだまさしと言えば僕が思い出すのは「関白宣言」。 若い頃は、この歌のような亭主になりたいと思ったものです。 ところが今のうちの実情はこの歌とは正反対。。。 どこで間違えちゃったのかなぁ?(苦笑

投稿: うるとらの音 | 2007年4月16日 (月) 19時12分

うふふ。記事とうるとらの音さんのコメントを読ませていただいて笑っちゃいました。昔『関白宣言』を聞いて、あんな強い男性の妻となり、慎ましく夫につくす女・大和撫子を演じたいと思った私。でも結局思っただけで現実は違いました。うちは完全なかかあ天下で、旦那があの歌の妻を演じている家庭です。でももうすぐ遠距離夫婦になると思うと、出発まで優しくしてあげないとと思っています。(実行できるかな???)

投稿: アサヒ | 2007年4月16日 (月) 21時45分

さだまさしは「関白失脚」という歌も作ってますよ。ご存じなければ、ぜひ1度聞いてみてください。苦笑すると思いますよ。

投稿: TAC | 2007年4月16日 (月) 21時50分

存じません、その曲。でもそれ、まさにうちの旦那です。日本に興味を示す旦那。居る時に聴いたらしつこく意味を聞かれるので、来週シアトルに発って一人になったらじっくり聴いてみたいと思います。

投稿: アサヒ | 2007年4月16日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6106102

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公…さだまさし《私花集》より:

» 緑・花文化の知識認定試験指導講座 [緑・花文化の知識認定試験指導講座]
緑・花文化の知識認定試験指導講座について 緑・花文化の知識認定試験(略称:緑・花試験)の準備を目的とした講座。 この試験では、植物の名前、特徴、生活や文学・芸術との関わりなど、幅広い知識が問われるため、その専門指導を行います。 また、花と緑の様々な知識で、園芸や植物観察など趣味の世界もより奥深くなります。... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 23時04分

» 団塊世代 さだまさし? [団塊の世代 さだまさし「関白宣言」]
団塊の世代 さだまさし「関白宣言」さだまさしは1952年生まれで、性格には団塊世代をちょっとだけはみ出している。団塊世代は、47年から51年にかけてふくらんで入るので、チョトダケはみ出てはいますが、堺屋太一さんの団塊世代の特徴を見事に歌にしたと...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 20時16分

« 春の嵐の後で | トップページ | ウルトラセブン1999印象記…私は地球人 »