« 自由民主党…民主政治へのテロリスト | トップページ | 主人公…さだまさし《私花集》より »

2007年4月14日 (土)

春の嵐の後で

昨夜は夜中から激しい雷雨となった。会議の疲れもあって、とくに仕事らしい仕事もせずにブログを読んだり書いたりしていたが、深夜の1時を過ぎたので風呂に入ろうとしたら、雨はやんでいた。

一夜明けて、風はまだ吹いているが、そらはすっかり晴れ渡っている。体感気温も温かく、一雨ごとに温かくなる春の風情を楽しめる朝である。道端の桜は翠の若葉が増えてきているが、一方でタンポポは満開…といったところだろうか。

今日は、午後から研究会の予定なので、1ヵ月ぶりの大学である。最近は、仕事が多くて忙しいが、それなりにベテランとしての役割を果たしていきたいと考え、やれることは可能な限りカバーしている。そんな日常の日々とは違う時間の流れが、研究会にはある。その発想や感覚を、日常の日々にもかえしていけるようにと心がけている。

少し早い昼食をとって、そろそろ出かけなければならない時間である。今日も、良い議論ができればと思う。まあ、国会のように時間と税金の無駄遣いには絶対にならないであろうが……。ここでも、それなりにベテランとしての役割を果たしていきたい。

|

« 自由民主党…民主政治へのテロリスト | トップページ | 主人公…さだまさし《私花集》より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6088666

この記事へのトラックバック一覧です: 春の嵐の後で:

« 自由民主党…民主政治へのテロリスト | トップページ | 主人公…さだまさし《私花集》より »