« あなたが美しいのは…愛する人に伝えたい言葉 | トップページ | 全国一斉学力テストは行われたが… »

2007年4月23日 (月)

『ぼちぼちいこか』を読む

大学時代、友人の1人から紹介され、今も手元にある1冊の絵本がある。マイク=セイラー作/ロバート=グロスマン絵の『ぼちぼちいこか』というわずか32ページの本である。

 

物語はいたって簡単で、主人公のカバくんが消防士や船乗り、パイロットやピアニストなど様々な職業にチャレンジするのだが、身体の大きさや重さ、微妙な力のコントロールが出来ない事などが原因ですべてに失敗し、ひとやすみをしよう……という流れになっている。今江祥智の関西弁の訳とやわらかな色彩で描かれたカバくんの何ともいえないユーモラスな表情が絶妙で、何度読んでも楽しいし、また、読み終わった後、ほのぼのとした気分になれる本である。

 

その名訳の一部を紹介してみよう。原作本では、「NO」がだんだん大きくなっていくという話だが、「…なれるやろか」―「なれへんかったわ」・「…どうやろか」―「どうもこうもあらへん」・「…になるちからは」―「ありすぎやったな」・「…てをだしてみたら」―「てがでえへんやんか」といった具合に変化していく。それが、グロスマンの絵と訳とは思えないほどマッチして、何度読んでも、ページをめくる度に笑みが零れてしまう。

 

それでも、失敗を繰り返しながらも次々と新しい事にチャレンジするカバくんの姿は微笑ましいし、失敗続きでも落ち込まず、「ま、ぼちぼちいこか」とハンモックでひとやすみを決め込むカバくんにほんのりと温かいものを感じてしまうのはどうやら私1人ではないらしい。

 

大人が手にすれば「癒し系」という事になるだろうが、もちろんこの本を手にした子どもにも人気があるようで、甥や姪が小さい頃に買い与えたら、プレゼントした事を後悔する程、何度も何度も「読んで」と言って近寄って来たし、自分で字が読めるようになっても、時々、思い出したように手にしていたのを記憶している。

 

いずれにしろ、大人にとっても子どもにとっても「良い本」には違いないのだが、最近の日本の世相を見ていると、心のために「必要な本」となりつつあるのではないか……という思いにとらわれる事がある。不況が長引く中、多くの人が職を探し、不安定な労働環境の中で苦しんだ。最近は、多少改善されつつあるが特に若い世代はまだまだ非正規雇用が少なくない……というような話も耳にする。就職ばかりでなく学校や年金など未来を悲観しかねない情報が巷に溢れている。

 

学校や職場でも心のゆとりは失われ、時間や日々の仕事・勉強に追われて心は疲れ、荒れすさみ、穏やかな心でゆとりと優しさを持って周囲の人々に接する事の出来るような人は私の周囲でも少なくなっているように思われる。

 

そうした中で夢や希望を持つ事は難しいかも知れない。しかし、心にゆとりを持って自らを取り巻く現実を見つめ、その上で自分の能力で出来る事を地道に積み重ねていけば、少なくとも絶望せずに生きていく事は可能になる。

 

ある意味では、絶望する事は易しい。しかし、それでは前には進めない。遠過ぎる目標だけを意識せずに、自分や周囲の「現実」をきちんと受け入れながら、それでも今出来る事を積み重ねていくと、少しずつ前に進んでいくことが出来るのではないかと思われる。

 

苦しいのは自分だけではない。あるいは、状況も悪いかもしれないが、長期戦の覚悟を決めて、ゆっくりと進んでいけば、少しずつ道は開けてくる。「ぼちぼちいこか」という言葉を、苦しんでいる多くの人々に伝えたい。       〔完〕 

  『ぼちぼちいこか』

  マイク=セイラー 作 ロバート=グロスマン 絵

   今江祥智 訳       偕成社   1980年

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« あなたが美しいのは…愛する人に伝えたい言葉 | トップページ | 全国一斉学力テストは行われたが… »

コメント

うーん、考えさせられます。よく整骨院の先生から、もっとのんびりとした気持ちで人生を楽しめば、腰の痛みの回復にも良いのですよと注意をされるのですが、もって生まれた貧乏性というか几帳面な正確の私は、いつもカリカリと急いで生きてばかりです。失敗したってそれが将来にどれほど大きな影響を与えるかと言ったら、長い眼で見るとさほどたいした違いは無いものです。でもそれを知って失敗を恐れずオールマイティーに生きるのってやっぱり私にはかなり訓練がいります。

投稿: アサヒ | 2007年4月24日 (火) 12時47分

私も以前はかなり「完璧主義」の傾向がありましたから、カリカリしているところがあったように思います。でも、それはやはり良くないのではないか……ということで意識してそれを変えていくように心がけてからおよそ15年…多少はゆったりと生きられるようになってきたようです。

でも、細かいところにもけっこう気は回るんですよ。ただ、それでも一呼吸置いて眺めていられるようになりました。それが、けっこう大切ではないかと思っています。

気になったら、長い時間をかけて変えていけばいいんですよ。ぼちぼちいこか…という感覚でね。

投稿: TAC | 2007年4月24日 (火) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6190182

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼちぼちいこか』を読む:

» 誕生日 プレゼント ギフト ランキング [誕生日 プレゼント ギフト ランキング]
誕生日の人気プレゼント・ギフトをランキングで紹介! 彼氏,彼女,友達の誕生日プレゼントでお困りの方は、当サイトの誕生日プレゼント・ギフトランキング参考にして下さい! [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 22時03分

« あなたが美しいのは…愛する人に伝えたい言葉 | トップページ | 全国一斉学力テストは行われたが… »