« ぶれいく・たいむ | トップページ | カラオケの最高点は!? »

2007年5月31日 (木)

イベントとしての国会はいらない!!

国民生活の根幹に関わる年金問題の審議が、またまた不十分なまま委員会採決が行われた。政府・与党の民主政治破壊は留まるところを知らない。国会議員と政府関係者全員に、「民主主義」「国民主権」に関わる研修が必要なようである。それも、欠席や落ちこぼれは議員資格剥奪や免職などの厳しい罰則を設けた義務研修が……。

最近の政府・与党は、重要な法案を十分に審議を尽くそうとせずに、矛盾や問題点が明らかになっても修正せずに強行採決をしてごまかし続ける姿勢が目に余る。現在の国会での多数は、郵政民営化の是非をめぐる国政選挙の結果であって、教育基本法や国民投票法などの需要法案に対して国民がフリーハンドで決定権を与党に委ねた訳ではない。それを悪用して、十分な審議もせずに強行採決を重ねるのは、国民主権の軽視であり、民主主義を踏みにじる行為である。

十分に審議することなしに暴走する強行採決国会であれば、国民の政治不信は強まる一方だし、それが極限に達すれば、戦前と同じようにテロが横行する危険も高まってくる。以前にも書いたが、審議を尽くさない…という事実は「問答無用」を行動によって示しているのであり、それは5.15事件の逸話でも明らかなように、テロリストの論理である。

テロとの戦いを口にするならば、まず、政府与党が「テロリストの論理」と決別して、あらゆる法案において国民の意見をきちんと聴き、野党の修正案にも応じて、最善の法律を作る姿勢を示すべきだろう。それこそが、「話せばわかる」という民主主義の論理なのだから……。

|

« ぶれいく・たいむ | トップページ | カラオケの最高点は!? »

コメント

僕は参議院選では郵政民営化に一票投じた一人ですが、今回の与党による強行採決は国民への冒涜と言わざるを得ません。野党の的外れな攻防戦も幼稚であって、日本の国会はもはや民主主義の体裁を保てていないようです。今度の衆院選が見ものですね。
あ、そうそう、大分お疲れのご様子。ぶれいく・たいむも必要ですね。僕も最近は飛び石投稿の状態が続いています^^;
私生活の中におけるブログの位置付けは人によって異なりますが、以前の僕は毎日書くのが楽しみでした。でも最近は楽しめる時に更新、疲れている時は休みます。ただし、土日は疲労度合に関わらず、かみさん孝行に徹する為にブログは休止して(させられて?)います(^^ゞ

投稿: うるとらの音 | 2007年6月 1日 (金) 21時33分

「不適格教員」の判断の問題や教職員免許の更新制度については、ILOから調査が入るようですね。先進国として【恥】以外の何ものでもありません。強行採決でゴリ押しした制度が、国際的な人権感覚からしたら発展途上国並に調べられる…人権軽視・反民主主義の方向に突っ走る政府・与党ですから当然と言えば当然かも知れません。政府・与党や文部科学省にこそ、人権教育(研修)が必用だし、不適格議員の審査も必要かも知れませんね。

投稿: TAC | 2007年6月 1日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6616141

この記事へのトラックバック一覧です: イベントとしての国会はいらない!!:

« ぶれいく・たいむ | トップページ | カラオケの最高点は!? »