« 『羞恥心はどこへ消えた?』を読む | トップページ | ヒーローの色…スパイダーマンとスーパーマン »

2007年5月 3日 (木)

改めて憲法を考える

60歳…日本国憲法が還暦を迎えたが、ごまかしの「自主憲法制定」を掲げる売国奴たちの声が異常に高まっている。以前にも、平和主義が幣原喜重郎から言い出したということや、国民主権が実は植木枝盛の憲法草案にルーツを持つということを書いた。

が、さらに根本的なことを指摘すれば、私利私欲のために改憲を画策する政治権力者たちが、憲法の規定を遵守する義務が首相や議員をはじめとする公務員にはあることや、近代史の流れからすれば憲法が政治権力の暴走を規制する目的が本来の意味であることが世界レベルでの常識であることを故意に軽視・あるいは無視されている事実は大いに問題である。

また、なぜ一括した議論を無理やりに推し進めようとしているのかについても、大いに疑問が残る。結局、できるだけゴマカシて、丁寧に議論することによってボロが見えてくるのを隠蔽したいという気持ちの表れなのだろう。最低投票率の縛りを入れようとしない国民投票法案もそれを示している。結局、どさくさにまぎれて、不完全なものを無理やり変えてしまい、それで面子を立てれば、後で国や国民がどれ程困ってもかまわないということなのだろう。

特に議論のある平和主義にしても、この記述によってアメリカ政府と「外交」が出来たという事実を「改憲派」は無視している。何度か書いたが、平和主義を捨てることは、対米外交の切り札の1つを自ら手放そうという行為なのである。

人々が憲法を議論するのは良いことである。だが、政府・与党の画策している「改憲」は時代を逆行させ、長期的には日本の外交の大きな切り札を自ら放棄し、国の未来を不幸にする売国行為である。まずは、法学や憲法学をきちんと勉強し直した上で、せめて植木枝盛の憲法草案を超えられるレベルの原案を出すのが本来の国会議員の役割であろうし、その性質上、最低投票率を厳格に規定し、個別の条文ごとに修正すべきであろう。

醜悪で、程度の低い「憲法改正ごっこ」はいい加減にしてもらいたいものである。

|

« 『羞恥心はどこへ消えた?』を読む | トップページ | ヒーローの色…スパイダーマンとスーパーマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6292832

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて憲法を考える:

« 『羞恥心はどこへ消えた?』を読む | トップページ | ヒーローの色…スパイダーマンとスーパーマン »