« カティー・サークの夜 | トップページ | 入浴の時間 »

2007年5月25日 (金)

枝…優しいシャガールの青

三重県立美術館に一枚のシャガールの絵がある。《枝》というその作品は青を基調に描かれた美しく優しい1枚である。

蒼い夜の中でウェディング・ドレスを着た若い女性とそのパートナーが寄り添っている。そして2人を祝福するように真紅の花が囲んでいる。そして、右上で光を放つ月のすぐ横で笛を吹いているのはキューピットだろうか。見ているだけで、優しい気持ちになれる。

他にも《ブーケと恋人たち》や《愛と花(夏の夜)》、《幻想》、《テーブルの愛の花》などの作品も同じように青を基調として若い2人が描かれている。いずれも、見ているだけで優しい気持ちになれる作品である。

三重県立美術館では、現在、2度めのシャガール展を開催中である。前回の展示との違いをも楽しみながら、あらためてシャガールの世界を満喫したいと思っている。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« カティー・サークの夜 | トップページ | 入浴の時間 »

コメント

三重県立美術館に行って、シャガール展を見て来ました。前回の三重県立美術館のでの展示は、テーマの設定・並べ方に工夫が見られ、なかなかのものと感心しましたが、今回は可もなく不可もなく…というような印象でした。

投稿: TAC | 2007年5月26日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6550387

この記事へのトラックバック一覧です: 枝…優しいシャガールの青:

» 第3回ジャパン・アート・フェスティバル=作家と作品リスト [国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記]
第3回JAF(ジャパン・アート・フェスティバル)(1968・メキシコシティ、米国 [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 11時32分

« カティー・サークの夜 | トップページ | 入浴の時間 »