« 久しぶりのタイ料理 | トップページ | 効率再考 »

2007年5月14日 (月)

『怒らないこと』を読む

最近の日本社会を見ていると〈怒り〉が蔓延しているように感じられることがある。すぐキレル若者や中学生・高校生……。大人たちも少しのことで声を荒げる。そして、幼児虐待や暴力……。いったい、どうしてこうなってしまったのだろうか。

 

基本的に、人々の心に余裕やゆとりが失われつつあると感じる場面は多い。そうした背景の中で、「怒り」や「暴力」がことさら目に付くのかもしれない。

 

仕事やボランティアで教育相談などにも関わっていることもあり、ここ数年、心のゆとりや安定について考える機会は多い。そんな中で、一時期はキリスト教との比較の目的で読んでいた仏教関係の書物に再び目を通したり、新しい本を買ったりすることが多くなった。この本も、そうした流れの中で手に取った1冊である。

著者のアルボムッレ・スマナサーラはスリランカのテーラワーダ仏教の長老であり、NHK教育テレビの「こころの時代」などにも出演しているらしい。タイやスリランカなどは、東アジアの大乗仏教圏とは異なり、上座仏教圏に属している。上座仏教は、同じ仏教でも、一般の日本人の知る「仏教」とは違っていることも少なくない。けれども、ブッダが創始した頃の言動をまとめた経典を基にしていることもあり、その言葉にはいろいろと心惹かれるものは多い。

 

さて、《怒り》についてだが、個人的にはもう何年も、心の底から怒りを覚え感情のコントロールも出来なくなって暴走したというような経験はほとんどない。自分の心を見つめ、相手の思いや感情の流れ、立場などを理解してしまうと、なかなか心の底から怒れなくなってしまう…という事情による。

 

だが、一般的にそのような人間は少数派である。身近な人間関係の中でも、すぐ怒る人たちはそれなりにいるからである。

しかし、この著者のいう《怒り》は、嫉妬や反抗、後悔なども《怒り》と密接に関連しているということなので、ほとんどの人がその範疇に関わってしまうだろう。もちろん、私もそうである。

著者に言わせれば、確かに様々な怒りたくなる状況はあっても、その中で敢えて「怒らない」という選択をすることで、心の平安は保たれる……ということになるらしい。

確かに、怒らなければ、嫉妬や後悔などをしなければ、心は平安に保たれるだろう…という感覚は持っている。ある意味では、《怒り》はそれを引き起こしたものに対する執着の裏返しだからである。ものも人も、様々な関係も、すべては変わり変遷していく。だから、「かわらないもの」を信じ、それに執着することはある意味では愚かで、不幸なことなのである。

けれども、執着の背後には人間の欲望があり、そして人間の欲望こそ資本主義経済に欠くことのできない大切なものでもある。CMなどを見ても分かるように、企業は、欲望を刺激することによって、必要不可欠でないものでも買わそうとするが、ものやサービスの売り買いという経済活動によって人々は収入を得て、生計を支えているからである。

しかし、過剰な欲望は、自分自身ばかりでなく周りをも追い詰め、破壊していく。それを考えれば、欲望を消し去ることが出来ないまでも、ある程度制御するような知恵は欲望にまみれた現代人にも確かに必要である。

その知恵が、ブッダの言葉にはある。そのすべてを理解し、実行することは不可能かもしれないが、今の自分にでも、何とかできそうなことはある。

 

自分を見つめ直し、世の中を見つめ直すための指針の1つとして、ぜひ手元においておきたい本である。               〔完〕

【TEXT】

  『怒らないこと』

  A・スマナサーラ 作 2006年  サンガ新書

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 久しぶりのタイ料理 | トップページ | 効率再考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6415664

この記事へのトラックバック一覧です: 『怒らないこと』を読む:

» ヴィトン ランキング [ヴィトン ランキング]
ヴィトン ランキングはちょっとおしゃれ。ヴィトン ランキングでレベルアップしませんか? [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 19時12分

« 久しぶりのタイ料理 | トップページ | 効率再考 »