« 四式戦闘機疾風…最強の陸軍戦闘機 | トップページ | さらば宇宙戦艦ヤマト »

2007年6月16日 (土)

壊れかけのRadio…若き日々への想い

「時には昔の話を」「我が良き友よ」「俺達の旅」「コーヒーショップで」「真夜中のギター」など、若かった頃のことを思い出させてくれる歌はいくつかあるが、徳永英明の「壊れかけのRadio」もその1つである。特に、中学・高校・大学の頃は、ギターが「もう1人の恋人」とでも言えそうな存在だったこともあり、3番の冒頭部分が胸にキュンとくる。

 

ギターを弾いていた 次のコードも判らずに

迷子になりそうな夢 素敵な歌が導いた…

 

ギターを初めて手にしたのは中学の時だった。器楽クラブに入って基礎の基礎を教えてもらい、お年玉をはたいて自分でギターを買った。高校で、下宿の先輩に色々なテクニックを教えてもらった。大学では、ギターの腕を買われて歌声サークルに引き込まれたし、東海地区の学生のゼミナール大会のテーマソングを作詞・作曲したりもした。

徳永英明のこの歌を聞くと、そんな日々が心に蘇る。だから、ギターの腕が錆びつき、ワン・フレーズを聞いただけですぐに音を合わせて伴奏できた当時の面影はなくなった今でも、時々、カラオケでこの歌を歌うことがある。カウンター・テナーで「もののけ姫」が歌える程度に高い声も出るので、声の高さは気にはならない。それでも、ギター片手に楽譜もなしで歌っている…という訳ではないところに一抹の寂しさはある。

といっても、やはりこの歌は好きだ。それは、ギター片手に日々を過ごした当時の想いと歌詞とが一番一致する歌だからなのかも知れない。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 四式戦闘機疾風…最強の陸軍戦闘機 | トップページ | さらば宇宙戦艦ヤマト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/6797790

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れかけのRadio…若き日々への想い:

« 四式戦闘機疾風…最強の陸軍戦闘機 | トップページ | さらば宇宙戦艦ヤマト »