« 印象的な夢 | トップページ | 公明党の判断ミスと誤算 »

2007年7月29日 (日)

選挙は負けても…鉄面皮の首相

午後10時を過ぎ、ある程度結果が出て、与党の大敗は濃厚な情勢になっているようだ。四国などは、自民党は完全に議席を失うような勢いだが、福祉切捨て、地方切捨て、年金に対する無責任な対応、政治と金の問題に対するいい加減な説明などに対する国民の怒りが爆発したということだろう。

つまり、今までの安倍政権の政治運営に対する国民の「NO !」がはっきりと示された訳である。だが、安倍首相は続投の意向を示し、今までの政策を続けようとしているようである。自民党では片山虎之助氏のような大物まで落選するような結果であっても、国民の声が理解できないようだ。厚顔無恥だけでなく、権力にしがみつこうとする姿は見苦しく、「美しい」日本の伝統に反するのではないだろうか。

先の国会での強行採決の乱発によって、十分な議論を求める国民の声を押しつぶし、勝手に地方や国民の福祉を切り捨てる政策を推し進めてきた与党・安倍政権。他者の声を聞かず、党内の異論や疑問の声も無視して「美しい国」破壊を続けてきたのだから、ここまでハッキリした「国民の声」も聞きたくないのかも知れない。

だが、この選挙の結果、野党さえシッカリしていれば、今までのような暴走はできなくなる。その意味において、野党の責任は重く、その役割は重要さを増してくる。与党の動きと野党の対応を注視していかなければならないと思う。

|

« 印象的な夢 | トップページ | 公明党の判断ミスと誤算 »

コメント

今回の選挙、棄権しようかと思っていたら、TACさんに意思表示をと教えられて、不在投票の手続きをし、前もってその意思表示なるものを済ませてきました。夕べテレビを見ながら、その私のささやかな一票もちゃんと反映された結果をみて、ちょっぴり胸がすっとしました。『厚顔無恥』私もこの言葉を思い浮かべながらテレビに映る首相の顔を見ていました。以前TACさんが武士としての潔さを記事に書いていらっしゃいましたが、男なら、日本男子なら、古来からの武士魂で責任とって辞めゆく潔さが欲しいなと思ったのですが。

投稿: アサヒ | 2007年7月30日 (月) 16時09分

どの面を下げて「改革が否定された訳ではない」と言えるのか、と思いましたね。それなら、もっと勝ってた筈です。歴史的大敗などありません。安倍政権の一連の活動に対する国民の審判は下されたのです。「都合の悪い現実」を認めたくないのでしょうけどね。

参議院で、安倍政権が強行採決した法案の修正案をすべて提案し直し、可決したら、衆議院解散しかなくなるでしょうね。野党がそれを出来るかどうかです。

投稿: TAC | 2007年7月30日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7321130

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙は負けても…鉄面皮の首相:

« 印象的な夢 | トップページ | 公明党の判断ミスと誤算 »