« 早起きは苦手だが… | トップページ | ストコフスキーの幻想交響曲 »

2007年7月19日 (木)

少し頭痛が…

昼間の仕事の始まりが早くなった。この6月からの新しい仕事だが、今までは早くても11時過ぎに出勤すればよかったので、ついつい遅くまで起きているパターンが続き、夜型の生活が定着していた。しかし、明日は9時、来週からは8時半の出勤となる。8月いっぱいという予定だが、今までのように深夜の時間を満喫できなくなるのが痛いところである。

昨夜もそうだったのだが、寝るのが午前3時前後になってしまうと、最低でも9時までは寝ていたい。身体の状態という事で限定すれば、あまり強くて体力がある方ではないので、7~8時間は寝る方が調子はいい。6時間を切る日が続くと、偏頭痛が始まり、胃が何か思い感じになって、身体も動きが悪くなる。

感性的には6時間くらいだとけっこう敏感になっていることもあるのだが、偏頭痛が始まるとそちらも鈍ってくる。そうしたことから、たまの6時間睡眠くらいは良いが、それが続くと心身ともに調子が悪くなってくるということになる。

昨夜は、ウィスキーを数杯飲んだ後、少し本を読んでいたら寝るのが午前3時を過ぎてしまったので、少し睡眠時間が少な目である。偏頭痛の前兆の感覚もあるので、今日は夜更かしはなるべく避けたい。今のところは無理をする立場や状況でもないので、「身体の声」に耳を傾け、それに従いたいと思う。まずは、早く早起きに身体を慣らさなければ……。

|

« 早起きは苦手だが… | トップページ | ストコフスキーの幻想交響曲 »

コメント

身体が黄色信号を発しているようですね。夜更かしはそもそも身体に良くありませんので、まだお仕事が許せるうちは早めにご就寝頂き、たっぷり睡眠とって頂ければと思います。
全く関係ない話しで恐縮ですが、先日酒屋の「トップ」に行きましたら、スプリングバンクの18年物が売られており、欲しかったのですが、まだうちにウィスキーが結構残っているのでかみさんのお許しが出ず、次回までお預けとなってしまいました(ToT)

投稿: うるとらの音 | 2007年7月19日 (木) 23時14分

頭痛、うちの旦那も偏頭痛なんだと思います。痛くなると吐き気まで催すほどのすごい偏頭痛です。私が常に彼に持たせるのがイブプロフェンです。これが一番旦那にも私にも効きます。日本は薬事法を見直して欲しいなと思うのです。これだけ体格が良くなったのに、成分は外国の半分です。本当はこんなことをするのは良くないですが、うちは2倍のみます。それと頭痛には水。水をたくさん飲んで常に体に水分を与えて上げて下さい。予防できますよ。それと、あんまり頭が痛いときは、子供用の液体風邪薬、あれを1本飲んじゃうと結構効きます。

投稿: アサヒ | 2007年7月20日 (金) 10時59分

原因が睡眠不足とわかっているときは、延ばせる雑用や仕事は極力延ばして寝ます。ある程度睡眠をとればほとんど回復しますから。

でも、仕事中などでどうしても寝られないような時は、ポイントを指先で押さえて痛みを緩和させ、何とか持たせますね。薬は、ほとんど使いません。けっこう、指で押さえるのが有効ですね。

もっとも、ポイントをきちんと押さえているからなのですが。ずれていたら絶対に楽にはなりませんから。この指先の感覚があるからこそ、マッサージに人気が集まるのです。けっこう重宝しています。

投稿: TAC | 2007年7月20日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7206286

この記事へのトラックバック一覧です: 少し頭痛が…:

« 早起きは苦手だが… | トップページ | ストコフスキーの幻想交響曲 »