« 選挙は負けても…鉄面皮の首相 | トップページ | 上杉鷹山…民のための改革 »

2007年7月30日 (月)

公明党の判断ミスと誤算

参議院選挙は与党の大敗という結果が出た。これだけ一般の国民に痛みを押し付け、弱者と地方を切り捨ててアメリカのブッシュ政権と大企業や高額所得者のみに媚を売って「美しい日本」をぶち壊し続けた安倍政権に対する国民の判断としては当然だろう。

主導した安倍・自民党が議席を激減させるのは当然だが、公明党にとってはこれ程厳しい結果になろうとは思っていなかったのではないだろうか。ある意味では、公明党が自民党にババを引かされたと見えなくもない。選挙協力の面では、自民党に対する公明党の協力の効果はそれなりに大きいものであったが、公明党に対する自民党のそれは、結果としては必ずしも満足のいくものではなかったように見える。

安倍政権の暴走は、自民党支持者から見ても「やり過ぎ」だったようだ。しかも、数々の不祥事において「身内」をかばって説明責任を果たさず、うやむやにしてしまおうとした。公明党が安倍政権内にあっても、自民党とは一線を画す強い姿勢で苦言を呈し、暴走は時として党を挙げて反対し連立離脱も辞さない強い姿勢を見せれば、安倍政権を批判的に見つめる自民党支持者や無党派層の支持もある程度得られたかも知れない。

けれども、公明党がやったのは安倍政権の暴走を止めることなく無批判に同調して強行採決の連発を許し、政権に残ることのみに全力を尽くした。結果として、本来の党の重要な指針である「平和の党」「生活者のための党」という看板に自ら泥を塗って、無党派層や一般の国民の信頼を失い、党としての独自性をアピールできずに「与党批判」の波を受けてしまったということだろう。

その意味で、参院選に勝利をした民主党が、今後どのような動きをするのかという点とともに、自民党とは異なる党である公明党が与党としてどのような動きをするのかという点も注目されることになる。安倍・自民党のイエスマンに終始しては、公明党の政党としての存在意義は失われるだろう。今後の公明党の動きは、次の衆議院選挙までに今まで以上に注視されることになる。その視線に、どう対応するのかが興味深い。

|

« 選挙は負けても…鉄面皮の首相 | トップページ | 上杉鷹山…民のための改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7334033

この記事へのトラックバック一覧です: 公明党の判断ミスと誤算:

« 選挙は負けても…鉄面皮の首相 | トップページ | 上杉鷹山…民のための改革 »