« 上野市…故郷の風景 | トップページ | 「責任ある」政党の無責任 »

2007年7月15日 (日)

ウルトラセブン印象記…U警備隊西へ

発端は、観測ロケットだった。知的生命体の存在を知らぬまま発射した地球の観測ロケットを侵略と受け取ったぺダン星人は、その報復としてスーパーロボット・キングジョーを地球に送り込む。そして、このキングジョーは、TVシリーズにおいて、最初から最後までセブンが勝つことの出来なかった唯一の敵である。

最初は、スパイ戦の緊迫感でドラマは進む。ワシントンの頭脳の異名を持つ女性科学者ドロシー・アンダーソンが謎の男に狙われてウルトラ警備隊に助けを求める。ところが、彼女こそがペダン星人のスパイであり、謎の男は本物のドロシー・アンダーソンのボディー・ガードだったのだ。

セブンはキングジョーと2度戦うことになるが、エメリウム光線は体表のバリアーに阻まれ、アイスラッガーも跳ね返されてしまう。そして、格闘もキングジョーの圧倒的なパワーによって押され気味である。ちなみに1999シリーズにおける戦い(「模造された男」)では、必殺のワイドショットも一瞬の分離合体でかわされる。その時は、アイスラッガの連続攻撃によって胸部を破壊し、キングジョーⅡを倒すことになるのだが……。

とにかく、最初のキングジョーとの戦いの後、偽ドロシーは、ダンに手を出さないように、と忠告する。最初に侵略したのは地球人じであり、これは報復だと。ダンは、それは誤解であり、観測ロケットだったと説明するが、「観測」も利用するためだから、侵略ではないか…と反論する。だが、その場ではペダン星人も折れ、ペダン星攻撃の研究を中止すれば本物のドロシー・アンダーソンを返すと約束する。

その後、本物のドロシー・アンダーソンは解放されたが、彼女は記憶を失っていた。さらに、ペダン星からは地球攻撃のための戦闘機群が発進し、キングジョーも再び港を襲う。セブンは、身体を張ってキングジョーの進攻を止めようとする。その間にアンヌ隊員の努力で記憶を取り戻したドロシー・アンダーソンがライトンR30爆弾を完成し、それによってキングジョーは破壊される。

セブンとキングジョーの戦いやウルトラ警備隊の活躍など、様々な見所が満載のストリーだが、観測・開発と戦争についてや、外交についても色々と考えさせられる。身内や周囲の利益だけを考えるのではなく、大局的な目でものごとをとらえることが本当の意味での平和や発展につながっていくのだろう。現首相をはじめとする多くの政治家に欠けている資質ではあるが……。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spmではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 上野市…故郷の風景 | トップページ | 「責任ある」政党の無責任 »

コメント

今日のジャパンタイムズで、ブルーンバーグのニュースコラミストが、『なんでもなくした後でその有難さがやっと分かるというが、後任の首相を見ていると、もうあんたのやったことは全て水に流してやる。カム・バック・コイズミ!』という記事がありました。海外のニュースコラミストにまで中身のないこと笑いものにされて、恥ずかしいと思わないのでしょうかね?恥があったらもう後退していますか?

投稿: アサヒ | 2007年7月16日 (月) 22時08分

ここまで資質に欠けている首相とは思っていませんでした。強行採決の連発は「聞く耳を持たない」ことと同義であり、その「成果」としての法律は多くの問題点を抱えているのは、小泉政権で年金関連法案を強行採決して今の事態を生じさせてしまった例を思い起こせば明らかです。安倍売国奴総理の「自己評価」は本人の勝手ですが、私の評価としては【NO!!】ということで投票にいきたいと考えています。長期的なビジョンや広い視野を持っていないのが明らかですから。

投稿: TAC | 2007年7月16日 (月) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7158198

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン印象記…U警備隊西へ:

» はじめまして [マナブならcocoガイド]
ブログ管理人様、突然のご挨拶を失礼致します 私たちは「学ぶ」事をテーマにした情報サイトを運営しているものです。 お役に立つ情報をご提供できればと思い、随時掲載、更新しております。 スクールやレッスン、資格等の情報も掲載しております。 尚、このトラックバックがもし必要ではない内容でしたらお手数ですが、削除お願いします。 失礼致します。 m( __ __ )m ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 19時44分

« 上野市…故郷の風景 | トップページ | 「責任ある」政党の無責任 »