« あぶさん…いぶし銀から野球仙人へ | トップページ | まだまだアイス・ティー »

2007年9月18日 (火)

呼吸を整えて

9月初めに津駅前で不登校やひきこもりについての講演をした時、少し、呼吸を整える事の大切さについての話もした。当事者が、悪い方へ悪い方へとものごとを考えている時、それを止めるようにアドバイスしてもなかなか悪い考えの堂々巡りから抜け出せない事がある。そんな時、深く息を吐いて深呼吸をし、腹式呼吸をしてみるように意識してみると、感情に意識が流されている状態から少し距離をおくきっかけになったりする。感情から自分の行動に意識を向けることで、結果として悪い考えの堂々巡りから距離を置いてみようというのである。

ところが、そればかりではない。少し観察してみると、精神的に不安定になっている時は呼吸が早くなったり乱れていたりする事が多く、ゆったりと呼吸をしているような例はほとんど見られない。あがったり、緊張していたりしている人に、深呼吸をするようにアドバイスをするシーンを時々見かけるが、そうした事からも、呼吸を整える事は精神的な安定につながるのだと推察できる。

スポーツや武道でも力を発揮する際に呼吸法はけっこう大切だし、歌を歌う際にも、しっかりとした腹式呼吸は安定した豊かな声を出すための必要条件である。だが、実は座禅の際の呼吸法も腹式呼吸なのである。

20代の頃、京都の大徳寺の中にある枯山水の庭の前で結跏趺坐をしていたところ、奥から和尚さんが出てきて、「それだけきちんと足を組めるなら…」ということで正式な座禅を教わった。肩の力を抜いて、背筋を伸ばし、4本の指を重ねて親指の先端をくっつけ、軽く膝のところに置く。こうした事はすっと出来たのだが、緊張した事もあり腹式呼吸がなかなか出来なかった。それでも、何とか呼吸を整え、それからしばらくその場で座禅を続けた。他に人がいなかったこともあり、和尚さんは「帰る時には、声をかけなさい」と言い残してその場を去った。そして、帰る前に抹茶を御馳走になったのである。

そんな経験もあったので「腹式呼吸」と言っても、簡単に出来ない場合がある。そこで、最近は「どうしてもガマンできなくなるまで息を吐き、ガマンできなくなったところで息を吸うと自然に深く息を吸い込む事ができるよ。それを続けると腹式呼吸になっているはずだ」というようにアドバイスをする事が多い。小さい子どもには少し難しいかも知れないが、ある程度大きくなってくれば、だいたいこのアドバイスでゆったりと呼吸ができるようになる。

この方法、実は、シャックリを止める時にもけっこう威力を発揮する。シャックリは横隔膜のけいれんのために起きるので、安定した腹式呼吸でそれが治まってしまうのである。先日、行きつけの喫茶店のマスターがシャックリが止まらずに困っていた時にこれを教えたら、なかなか止まらなかったシャックリが面白いようにピタリと止まってしまった。彼が驚くと同時に大変喜んだのは言うまでもない。

普段は意外と注目していない呼吸だが、呼吸を整えることが心の安定にもつながる場合がある。イライラしたりネガティブな気持ちから抜け出せないような時には、呼吸に気をつけてみるというのも1つの方法である。

|

« あぶさん…いぶし銀から野球仙人へ | トップページ | まだまだアイス・ティー »

コメント

ヒプノセラピーって言うんでしたっけ?潜在意識の中に隠れた病気のもとを探す治療方法。前にそれを受けた時、その先生がやっぱり呼吸のお話をしてくれました。呼吸についてのお話ははっきり覚えていないのですが、ワルツのリズムを数えると、こころが落ち着くんだと教えてくれたのです。1.2.3これの繰り返しです。呼吸法と併せてやってみられてはどうでしょうね?しゃっくり、私は熱湯を飲みます。びっくり療法です。

投稿: マダムじゃん! | 2007年9月18日 (火) 23時22分

すいません、TACさん、マダムじゃん!って、イエローキャブのアサヒです。

投稿: マダムじゃん! | 2007年9月18日 (火) 23時23分

おこしやす。隠してた(?)もう1つのぶろぐからどすか。ワルツのリズムも落ち着きますわなぁ。またよろしゅうに(笑)

投稿: TAC | 2007年9月19日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/8004671

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸を整えて:

« あぶさん…いぶし銀から野球仙人へ | トップページ | まだまだアイス・ティー »