« 今さら辞任しても… | トップページ | 暑さの夏は… »

2007年9月13日 (木)

劣化した自民党

今回の安倍首相辞任劇のドタバタぶりは安倍氏の首相としての資質の欠如を暴露すると同時に自由民主党の目も当てられないような劣化ぶりも白日の下にさらしてしまったようである。過去において自民党が長期政権を保ったのは、政権与党としての矜持を持っていたことと、派閥という党内野党の存在によって、党首を変えることで政策転換を可能にしたことが主な理由ではないかと考えられる。

党首の交代によって政権与党が交代しなくても政策が変化する…そんな例は、田中内閣から三木内閣、そして福田内閣への交代をあげることでイメージをつかめるのではないだろうか。それぞれが派閥の領袖として力を持ち、党内野党として別の考えを主張することで党首の交代によって政策の転換を内外にアピールする。従って、自民党に政権を任せておいても軌道修正が可能であり、実際に総理の交代によって政治の空気が一変した事を覚えている。

その時代の自民党であれば、参議院選挙の惨敗を受けて首相は辞任しただろうし、また自民党自体が惨敗した党首の責任をきちんと追及することのできる力量があり、跡を継ぐ人材もあったから、選挙惨敗党首の居直りと居座りは決して許さなかっただろう。逆に安倍氏の居直りと居座りを許してしまったことで自民党の政権党としての力量不足と劣化が明らかになり、今回の呆れた事態を招いてしまったのである。

思えば、強行採決の乱発も政権党としての力量不足の現われだったのかもしれない。政治的マキャベリズムからすれば、強行採決を完全に否定する事はできない。けれども、民主主義を標榜する政治システム上で考えれば、強行採決そのものはリスクの大きい劇薬で国の行く末を左右する緊急の際での使用のみが辛うじて歴史上の評価に耐えるに過ぎない。その意味では、日米安保条約の締結などは日本のその後の方向性を左右する決断であり、それが歴史的に正しかったかという評価は別にして、政治判断としてはある程度理解できる。しかし、例えば安倍政権による教育基本法の強行採決などは、日本のこれからの方向性を左右する重大な時期の急を要する決断では決してないし、世論も慎重な審議を望んでいた。従って、強行採決という決断は政治判断としては明らかに間違いであった。

慎重な審議を望む世論を無視して強行採決を乱発した結果、安倍政権は美辞麗句を並べても国民の声は無視して、弱者を切り捨て続けるのだ、ということを行動で示してしまった。自民党が強かった一人区で次々と議席を失ったのもある意味では当然と言えよう。政治家の言葉は、実行できてこそ重みが出るし信頼もされるようになる。美辞麗句を並べても、行動や結果でそれを裏付けなければ、結局、言葉は軽くなり信頼を失っていく。だからこそ、強行採決をするしかなかったのかも知れないが……。

このように分析してみると、自民党の劣化は目を覆うばかりである。ある意味では、素直に解散・総選挙をして出直した方が再生する可能性が出て来るかも知れない。けれども、人材が尽きている中で政権にしがみつく事だけを目的に悪あがきを続けていると、さらに劣化が進み、やがて崩壊へ向かうのではないだろうか。目先の欲望に左右されずに将来の党を見据えて決断できる人材が少しはいても良いと思うのだが……。

|

« 今さら辞任しても… | トップページ | 暑さの夏は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7931030

この記事へのトラックバック一覧です: 劣化した自民党:

» アクセスアップ ばばなのつぶやき [ばばなの日記]
アクセスアップのちょっとした方法こんにちは。ばばなです。初めての人は、初めまして!ばばなです。今後もよろしくお願いいたします。今日はちょっと偉そうなこと言っちゃいます。、アクセスアップの対策です。こんなことをするとブログ(HP)の訪問者が増えますよ。ってことです。実は、このブログの最初の目的は僕のうっぷん晴らしのために勝手に書きあげてストレス発散ぐらいなことができたらいいなぁと思い発行しました。なんて思っていましたので、リアル社会では暴露できないようなことを平然と言えることを...... [続きを読む]

受信: 2007年9月15日 (土) 04時38分

« 今さら辞任しても… | トップページ | 暑さの夏は… »