« Take Me Home Contry Roads …Oliviaを聞きながら | トップページ | 劣化した自民党 »

2007年9月12日 (水)

今さら辞任しても…

ようやく、首相の資質を欠いた男が辞任の決断をした。政治家としてもう少しマシな資質があれば、参議院選挙で惨敗した時点で辞任を選択したであろう。そうすれば、まだ、「その後」の可能性はあった筈である。だが、この唐突な辞任によって、能力のない男が意固地になって政権にしがみついていたが、結局、困難な政治状況に対処できずに政権を投げ出したのだろう、ということになり、再登板は能力的にNGであることを自ら露呈してしまったと見られる。いっそ、国会議員も辞任すれば良いと思うのだが……。

加えて、このような無能・無責任な男を党首・首相にし、参議院選挙によって民意が明らかになった時点でも、茶番劇にすらならない続投を許してしまった自民党の政権担当能力の劣化も目に余る。民主党や他の野党に期待する訳ではないが、もう少し政権交代を活発に行うような形にする事で政党の甘えを一掃し、緊張感を持って政治を行う方向に持っていく必要がある。まずは衆議院を解散して総選挙を実施するのが筋だろう。

それにしても、強行採決の繰り返しと説明責任のゴマカシといった民主政治に対する無知と外交センスの欠如、決断力の不足、他者とのコミュニケーション能力の欠如など、よくもこれ程無能な政治家がいたものだと呆れ返ってしまう。対米売国政策を推し進めて一般の国民の生活を破壊しながら「美しい国」などと言える鈍感さは、ある意味、国宝級かもしれない。

ただ、政権を投げ出した安倍氏には関係ないだろうが、後を引き継ぐ者も間違った政策によって生活を破壊された国民もこれからが大変である。

|

« Take Me Home Contry Roads …Oliviaを聞きながら | トップページ | 劣化した自民党 »

コメント

きっとTACさんは今日(すでに時間は変わっていますが)この話題を記事にされているだろうな、と思ってやってきました。そうですね、私も思いました。なんで参議院選の敗北の後、そく辞任しなかったのだろうって。あの時ならまだ潔さっていうもも感じられたけれど、ここまで恥の上塗りのようなことして、それで去ってゆく、恥知らずもいいとこってさっきから旦那とこの話でうちは持ち切りです。旦那は小泉前首相のファンです。ポリシーがじゃなく、あの芸人魂。だからまたカンバックとジョークを言っていますが、まんざらジョークでない、一部にはまた登板を希望する動きもあるみたいですね。どうなるのでしょう、これから。ちょっと面白くなって来ました。

投稿: アサヒ | 2007年9月13日 (木) 00時53分

政治に責任を持つ能力があった時代の自民党なら、参議院で惨敗した時点で引き摺り下ろしたでしょうね。そして、それは安倍氏のためでもあったし、自民党が政権を担当する能力があることをアピールするためでもあった訳です。今回は、自民・公明共にそれが出来ませんでしたので、自民党の政権担当能力の欠如も暴露されてしまった形です。もっと、ちゃんとした人材を探し、育てるべきでしょうね。それが出来なければ、自民党崩壊の「始まり」になるかも知れません。

投稿: TAC | 2007年9月13日 (木) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7917157

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら辞任しても…:

« Take Me Home Contry Roads …Oliviaを聞きながら | トップページ | 劣化した自民党 »