« 久しぶりの【くら】 | トップページ | 政権担当能力のない総理 »

2007年9月 1日 (土)

アイル・オブ・ジュラ、そしてローズバンク

午後からの大学での研究会に続き、明日はカウンセリングの講座が入っているので、今日も津での1泊ということになった。ということで、今夜もJOE'S BARへ出かけて、シングルモルトを味わった。津での宿泊の楽しみは、ここのところ数杯のウィスキーとなっている。

今日の1杯目はアイル・オブ・ジュラこのところの疲れで酔いが早いようだが、宝石のようなシングルモルトの味わいは心地よく疲れを癒してくれる。香りを味わい、一口、口に含む。何ともいえない琥珀色の至福の時間である。一口一口をゆっくり楽しみながら飲んでも、何口か飲めばショット・グラスは空になる。このまま眠るまで飲んでいたい気がしないでもないが、来週の講演の原稿がまだ完成していないこともあり、2杯目はローズバンクにした。とは胃っても、今日はシグナトリー・ヴィンテージのローズバンクにする。軽く上品な「カワイイ女の子」的味わいの中にもこだわりが感じられる。ここで止めれば、何とか原稿を考えるくらいはできそうである。

これで終わりにする、と心に決めて、ジックリとローズバンクを味わう。芳香が口の中を満たし、喉を淡い琥珀の液体が滑っていく。BGMはジャズ・バンドの生演奏。割とオーソドックスな音がローズバンクの可愛らしい味わいと重なる。こういうゆったりとした時間は久しぶりである。明日も、それなりに予定は詰まっているが、このゆったりと流れる琥珀の時間が全てを許すゆとりを心に回復させてくれる。

酒に飲まれるのではなく、酒を味わい、酒を楽しむ。このような接し方を貫けば、酒は人生における親友であり得る。このような関係を一生続けたいと思っている。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 久しぶりの【くら】 | トップページ | 政権担当能力のない総理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7768306

この記事へのトラックバック一覧です: アイル・オブ・ジュラ、そしてローズバンク:

« 久しぶりの【くら】 | トップページ | 政権担当能力のない総理 »