« アイル・オブ・ジュラ、そしてローズバンク | トップページ | 旅愁…岩崎宏美の愛唱歌集より »

2007年9月 2日 (日)

政権担当能力のない総理

7月の参議院選挙において国民から「No !」を突きつけられながらも辞任せずに居直り、政権にしがみついている恥知らずな安倍総理の3人目の農相にまたまた「政治と金」の疑惑が出てきた。よくもまあ、これ程愚かな人選を立て続けにできるものだ…と呆れるのを通り越して驚いてしまう。つまり、政権担当能力がない、という事なのだろう。

よく、野党の政権担当能力を疑問視する声を聞く事がある。が、逆に、安倍内閣の政権担当能力の無さを見れば、野党の「政権担当能力」がどうであろうと安倍政権程度のことは最低限できるように感じられる。これまでの経緯を見れば安倍首相の政権担当能力の無さはあまりにも明白だからである。

だから、1度、野党に政権を渡せば良い。そして、野党がもっとバカなことをすれば、改めて引き摺り下ろせばいいだけの話である。ミスをすれば、政権から引き摺り下ろされる…そんな緊張感があってこそ、政治は良くなっていく。現状を冷静に見れば、たとえ共産党が第1党になったとしても、日米関係や経済政策などを急激に変化させるなど不可能だろう。その意味で、自民党政権を下野させることを必要以上に怖がることはないのである。

民主国家、先進国として恥さらしな安倍首相は、この際、さっさと辞任してもらいたい。安倍内閣が居座る期間が長くなるほどピントの外れたおかしな政策や間違った法律が出され、後での修正が一層厄介になるだろう。国民に主張するほど安倍首相に愛国心があるのであれば、まずは辞任・内閣総辞職が国を守るために必用な急を要する大切な選択である。

|

« アイル・オブ・ジュラ、そしてローズバンク | トップページ | 旅愁…岩崎宏美の愛唱歌集より »

コメント

この3~4か月で3人もの大臣交代劇。しかもたった8日間の就任とは呆れた有様ですね。もうボロボロといった感じです。
政権交代したにせよ今の民主党ではさらに悪化しそうですが、今の状態を一旦崩して立て直す必要はありそうですね。その意味で政権交代は意味あるものと思います。
我々サラリーマンの生活水準(家計と時間的ゆとり)の向上はまだまだ先の話しになりそうですね(TへT)

投稿: うるとらの音 | 2007年9月 3日 (月) 09時21分

地方の切り捨ても酷いですね。地方が崩壊してしまえば、当然、都市も生きていけなくなる。過度に期待するほど野党に力量があるとは思えませんが、政権交代を繰り返す中で「民意」を大切にする、国民を大事にする、といった民主政治の常識をもう1度復活させる必要がありますね。それも緊急に。

投稿: TAC | 2007年9月 3日 (月) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/7779342

この記事へのトラックバック一覧です: 政権担当能力のない総理:

« アイル・オブ・ジュラ、そしてローズバンク | トップページ | 旅愁…岩崎宏美の愛唱歌集より »