« 乙女のワルツ…なくしてしまった情景 | トップページ | シングルトン、そしてブローラ »

2007年10月 9日 (火)

テストの役割

関わっている複数の子どもたちによれば、市内のいくつかの中学校では中間テストのテスト期間に入っているらしい。テストと言えば、成績をつけるためのもの…という見方が一般的だが、必ずしもそれだけではない。10年以上前の話になるが、ある中学校で数学を教えていた時、生徒たちにテストについての話をしたことがあった。その内容は、だいたい次のようなことである。

テストには、三つの意味がある。1つは、みんなが知っているように成績をつけるための参考にする。けれども、その他にも、1人ひとりが学習内容をどこまで理解できているか、ということを自分で確認する意味もある。それから、先生が1人ひとりがどこまで理解できているかを知ってそれをこれからの授業の参考にする、そんな意味もあるのだ。

こうした話と共に、単元ごとに【単元テスト】を実施し、中間テストや期末テストには単元テストからも問題を出すという事を宣言し、それを実行した。また、授業中に練習問題が早くできた子に対して【問題カード】を作ったり、友達の作った【問題カード】を自由にしたりする…という活動を組織し、教科委員を中心にテスト前に【問題カード】などを参考にして【予想問題】を作らせ、その一部はテストの問題にも採用する…という形をとった。

こうした形で、テストを学習に利用した結果、数学への学習意欲は高まり、テスト反省もおざなりではなく真剣に取り組む子どもたちが増えていった。きちんと復習すれば、それがテストの点のアップにもつながる、という実感がさらに学習意欲をたかめ、学習に積極的に取り組もうとする姿勢は理解を深める。日を重ねるにつれて子どもたちの中にそうした実感が広がっていった。そして、年度の初めには「数学が苦手」「数学がきらい」と言う反応がけっこう多かった子どもたちの苦手意識や嫌悪感は年度末にはかなり改善されていたのである。

確かに、テストと成績は切っても切り離せない関係にある。それは否定できない。けれども、テストを成績をつける道具に限定してしまうのは勿体ない。テストも、学習に利用できる有効な道具にできるのである。テストの意味や役割を【成績】のためだけに限定せずにうまく利用していくことは可能である。そして、少しでも1人ひとりの学習につなげていければ……と思うのだが。

|

« 乙女のワルツ…なくしてしまった情景 | トップページ | シングルトン、そしてブローラ »

コメント

へーえ、勉強の成果を確認するためのテスト、その役割について改めて教えなければならないほど、生徒達はテスト=成績主義に漬かっているのですか。

そういえば、40~50年前は、先生が問題作ってガリ版切って印刷していました。テストの問題の誤りを見つけては、その問いについては、クラス全員満点にして貰っていたクソ生意気な生徒でした。

投稿: ぶり | 2007年10月12日 (金) 23時57分

テストを子供の学力に優劣をつける道具としか考えていない親子は多いと思います。成績の良い子はテストの順位や内申に縛られ、学力に劣る子はテストばかりか勉強そのものを毛嫌いする。
そんな必要悪のようなテストも使い方次第で子供達の勉強に対する自発性を生み出す手段になり得るのですね。
学力テストについてのTACさんの考え方と学習指導のアイデアには思わず頷いてしまいました。

投稿: うるとらの音 | 2007年10月13日 (土) 10時36分

成績主義…というよりも結果主義ですね。経済活動の現場でも「結果主義」一辺倒になると、不正や卑怯なことをしても結果を出せば良い、ということになり社会の荒廃を招きます。ましてや、未来を創造する教育の現場での「結果主義」は実質的な「生きる力」の低下を招きかねません。やはり、教育の場での「過程主義」を取り戻す必要があるのでしょうね。読み取る力、考える力、応用する力は、学びの過程を大切にしてこそはぐくまれる訳ですから。効率はかならずしも良くありませんがね。

投稿: TAC | 2007年10月14日 (日) 00時28分

記事の内容とは全然関係のないことをコメントしますが、最近、記事のアップもありませんし、お体は大丈夫ですか?お忙しだけであれば良いのですが、ちょっと気になりましたので、コメント欄を利用させていただいて、様子のお伺いです...

投稿: アサヒ | 2007年10月16日 (火) 21時00分

ご心配おかけしました。身体は大丈夫ですが、週末からずっと忙しかったので、【TAC文芸樹】の「超銀河アローン」の連載のみup(第1部が終わるまでは続けます)して、こちらは休んでました。一段落したので、また書いていきます。

投稿: TAC | 2007年10月16日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/8316780

この記事へのトラックバック一覧です: テストの役割:

» 不登校の子が、90日後に学年トップの成績をとった!! [タケちゃんの気ままに生きる]
いや~正直おどろきました。このマニュアルの中身はかなり凄いです。こういう勉強法なら、成績上がるのも納得がいくわ。タケちゃん、実は、某予備校で、講師をやってるんですよ。いわば、僕のお墨付き(笑)「それじゃあ、納得できねーよ」 って声が聞...... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 11時42分

« 乙女のワルツ…なくしてしまった情景 | トップページ | シングルトン、そしてブローラ »