« やさしくしないで…リューズの歌 | トップページ | 少しウツっぽい? »

2007年10月21日 (日)

テープおこし

久しぶりにテープ起こしをする事になった。以前やったシンポジウムなどとは違い、たかだか15分程度なのだが、けっこう時間がかかる。録音がそれ程クリアでないからである。

それでも、書き言葉にすれば短くてすむことが、会話の中では澱んだり、つっかえたり、止まったり…となかなか全体像がつかみにくかったりするそれ自体がけっこう面白い。以前、シンポジウムのテープ起こしをやった時には、話の流れからいっても当然肯定すべきところで否定の言葉が出ていた事があった。ただ、話す側も、聞いている側も、その部分は肯定していると判断しながら話が進んでいたので、原稿としては確認の上で肯定の表現となった。そのことから、話し言葉のいいかげんさを知った体験でもあった。

さて、今回のテープ起こしだが、15分と言う短い時間とはいえ、話す側はそれなりに慎重に言葉を選んでいるところがあり、繰り返したりすることはあっても肯定するところで否定の表現が出てくるようなところはなさそうである。それでも、なるべく丁寧にテープ起こしをしようとすると何度もテープを聴いて慎重に進まざるを得ない。それだけに集中できる状況であれば別に文句はないことなのだが、けっこう忙しい中でのテープ起こしであるため集中できる時間を確保することが難問になるかもしれない。

期限は、今週の土曜日。多分出来ると思うのだが……。

|

« やさしくしないで…リューズの歌 | トップページ | 少しウツっぽい? »

コメント

テープ起こしですか。懐かしいです。
以前某国家プロジェクトに関わっていた時の定例会議の議事録は各企業の分担作業で作成されるのですが、この時会議内容を収録したテープから議事録を起こすわけで、担当の者は結構苦労していたように記憶しています。
話は代わりますが、今日はタイではワン・ピヤマハーラートの祝日。第五代国王の命日ですね。バンコクの旧国会議事堂前にある騎馬像の前は多くの参拝客で賑わったことでしょうね(^_^)

投稿: うるとらの音 | 2007年10月23日 (火) 21時49分

美術のシンポジウムや都市再開発の会議のテープおこしなどよりはすっと楽ですけどね。第一、時間が短いので、何ヶ月もかかるようなことはありません。もう、3分の2以上は終わりました。まだ、少し残ってますけどねぇ。
そういうことをしてると、なかなか他を楽しむ余裕がないですね。

投稿: TAC | 2007年10月24日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/8550144

この記事へのトラックバック一覧です: テープおこし:

« やさしくしないで…リューズの歌 | トップページ | 少しウツっぽい? »