« 戦争犯罪から目をそらさずに | トップページ | ライダーを改造したのは… »

2007年10月 1日 (月)

風のいたみ

オリジナルを聞いた事はないのだが、心に残っている歌がある。それが【風のいたみ】である。記憶をたどって歌詞を再生してみる。次の通りである。

風のいたみ

電話の中のあなたの声に心もはずむの 電話の中のあなたの姿思い浮かべるの

ああ あれはいつだったでしょ あなたと愛しあえて幸せだったのに

あなたの中に私が見えた時が過ぎてゆく

オレンジ色の涙に溶けた2人の心だったけど 風のいたみをわかっていたのあなたと私

つよがりばっかりであなたを困らせた 私の悪い癖

あなたの影をふみこえていった時が過ぎてゆく

記憶に間違いがなければ、このような歌詞になる。多分、高校時代に聞いた歌だと思うのだが、その頃のヒット曲ではなく、もう少し前の歌だと思われる。メロディーもきれいだったが、詞の感性にも強く惹かれた。だからこそ、今もこうして覚えているのだと思う。若い頃は、ギターを片手に何度も歌ったこの歌…。オリジナルを聞いてみたいと思うのだが……。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 戦争犯罪から目をそらさずに | トップページ | ライダーを改造したのは… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/8198402

この記事へのトラックバック一覧です: 風のいたみ:

« 戦争犯罪から目をそらさずに | トップページ | ライダーを改造したのは… »