« ALWAYS | トップページ | Winter Comes Around(冬の1日) »

2007年11月20日 (火)

聴いてくれる人

ストレスがたまったり、精神が不安定になったりすることは誰にでもあるが、そういう時に、【聴いてくれる人】を身近に持っている場合は幸せだ。聴いてもらう事によって、割と自分の心をスッキリさせる事が出来るからである。

ところが、この【聴く】ということがけっこう難しい。あまり注意せずに【聞いて】、ついつい「解決策」を言ってしまう事が多いからである。愚痴の場合は、「解決策」など必要ない。ただ、その心の内にある負の感情に対して共感してくれればそれで十分だし、一見、「相談」しているようでも本人の中にそれなりの「答え」がある場合はそれを相手の口から言ってほしいので別の「解決策」を提示されると返って一層イライラがつのったりする場合だって少なくない。そうした点で、【聞く】ことはできても【聴く】ことはなかなか難しい。カウンセリングに訓練が必要で、商売になる所以である。

ただ、自分の心の中にイライラやストレスや負の感情を溜め込み過ぎるのは良くない。それなりに外に出さないと爆発したりする事だってある。だから、仲の良い友人や家族など身近な人々の中に、日頃から、安心して【聴いて】もらえる人を作る努力も大切となる。当然、場合によっては自分が【聴く】ことが出来るように心がける。「お説教」などしたりせずに、相手の心に寄り添う。それが、【聴く】ことであり、ちゃんと【聴く】ということは、その瞬間、瞬間において相手の存在を大切にしているという事でもある。

相手を大切にしていれば、たいていはその相手も自分を大切にしてくれる。では、【聴いてくれる】人がいる、ということは……。少し心の中で、その顔を思い浮かべてみようか。

|

« ALWAYS | トップページ | Winter Comes Around(冬の1日) »

コメント

聴いてくれる人がいる、有難いことです。私も一時居なかったとき、それを何処にぶつけたらいいのか、ただ横に居て、話を聞いて、うんうんと頷いてくれるだけで良いのです。別にアドバイスも何もいらないのです。私の思っていることが正しい、そう再確認してくれるだけで十分幸せなのです。そう言う意味で私は今幸せです。旦那は本当聞き上手ですから。でも別の意味で、旦那は可哀想です。その聴いてくれる人が居ないのですから。私に言うと、頭ごなしに否定されるのです。ちょっとこれから気をつけます。いい勉強になりました、この記事。

投稿: アサヒ | 2007年11月23日 (金) 15時18分

必ずしも「私が正しい」ばかりではないですけど、それでもあえて【聴いてくれる】人って本当にかけがえのない人です。他の誰かに対して、そうなれると良いですね。そして、できれば、より多くの人に……。

投稿: TAC | 2007年11月23日 (金) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/9034498

この記事へのトラックバック一覧です: 聴いてくれる人:

« ALWAYS | トップページ | Winter Comes Around(冬の1日) »