« せめて【くら】でも | トップページ | 貧困撲滅というテロとの戦い »

2007年11月12日 (月)

高いガソリン

またまたガソリンの値段が上がった。一昨年、愛着のあったシビック・シャトルを諦めてさらに燃費の良いFitに替えたので、給油回数が月4回から月3回になったが、それでもこのガソリンの高騰は痛い。以前は1回に3,000円台で満タンに出来たのが、最近は5,000円札でも足らない事がある。財布も頭も痛い話である。

だが、この高い石油をタダで他国に分け与えようとする法案が議論されている。その恩恵をもっとも受けるアメリカの一般のガソリン代は80円程だとか。一方、日本では平均で150円を越えるという。呆れた話である。先の参院選の結果、中断する前の給油活動の杜撰さ、デタラメぶりが次々に明らかになった。しかも、自衛隊のスキャンダル。装備にかけた金をもっと有効に使っていれば、もっと装備は充実していた筈なのだが……。

日本の政府である以上、考えるのはまず国民の生活が第一の筈である。外国にタダで、しかもまともなチェック体制も作らぬまま石油をやるくらいなら、その分を日本の国内の需要に回せば、もっとガソリン価格は下げられるだろう。せめて、アメリカの平均のガソリン価格と同じレベルにした上で、余分があれば改めて「国際貢献」を議論すれば良い。もちろん、航海日誌の紛失や、規定外の使用が明らかになれば即座に中断、自衛隊による隠蔽工作などが発覚すれば中断した上で関係者を減収に処罰する…といった厳重なチェック体制を確立することが最低条件である。

だいたい、貧困の問題に手をつけない「テロとの戦い」など偽善に過ぎない。貧困の問題にきちんとした成果をあげれば、無差別テロを行う集団への民衆の支持はなくなる。貧困を拡大し、民衆を殺し続けて一部の国内企業の儲けだけを考えているような「テロ国家」にこそ、毅然とした態度で臨み、平和のための外交努力を重ねるべきだろう。

|

« せめて【くら】でも | トップページ | 貧困撲滅というテロとの戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/8891364

この記事へのトラックバック一覧です: 高いガソリン:

» 燃費アップはこの冬必至 [ETCマイレージ@ETCマイレージ調査現場事務所]
レギュラーガソリンが140円台後半になりこの冬私たちの生活は圧迫されそうです。原油価格の高騰に伴い、みるみる値上がりしていくガソリンスタンドの掲示板。レギュラー100円台だった頃がとても懐かしいこの頃です。二輪車はYAMAHA FZS1000 FAZER 乗り、クルマはホンダ エリシオンに乗っていますETCマイレージ調査現場事務所所長のこうです(といっても事務所員はいませんが…)。人気ブログランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします~!===============...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 3日 (月) 00時40分

« せめて【くら】でも | トップページ | 貧困撲滅というテロとの戦い »