« 歳の重ね方 | トップページ | タンタン麺でも食べに »

2008年1月29日 (火)

ウルトラセブン印象記…700キロを突っ走れ!

ラリーを利用して、新兵器スパイナーを運搬する、謎の敵の執拗な妨害にも関わらず、ダンとアマギは他のウルトラ警備隊の隊員たちのサポートを受けて、その任務を無事に果たす。ところが、その作戦は、おとりで、別のルートで本物は輸送されて無事に実験場に届く。そこへ敵が送り込んだのが恐竜戦車だった。

ウルトラセブンに登場する怪獣たちの中でもユニークなのが、この恐竜戦車である。巨大な戦車の台座に恐竜を乗せ砂塵を巻き上げながら動き回る。目から発射される破壊光線、セブンを苦しめるシッポチョップ台座前方に設置された3門の大砲……。そのパワーと重量感溢れる動きは魅力いっぱいである。

戦争は絶対反対だが、それでも子どもの頃はゼロ戦や隼、雷電や飛燕などの戦闘機と共に戦艦大和や武蔵、長門などの戦艦、そして4号戦車やパンサーなどのプラモデルをよく作っていたものだった。戦闘機や戦艦は日本軍のものが好きだったが、戦車はタイガーをはじめ、4号戦車やエレファント、パンサーなどのドイツ戦車のフォルムに魅力を感じていた。

そうしたドイツ戦車の重量感溢れるイメージに、恐竜戦車のイメージは重なる。セブンとの戦闘でもケガをした作業員を救おうとするセブンを翻弄する恐竜戦車の動きは圧巻である。セブンは片腕を轢かれ、さらにシッポによる打撃を受けて苦しみながら、一瞬の隙をついてスパイナーにビームを発射し、恐竜戦車を破壊する。少年の心をくすぐるストリー展開で楽しませてくれる作品である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 歳の重ね方 | トップページ | タンタン麺でも食べに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10142715

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラセブン印象記…700キロを突っ走れ!:

« 歳の重ね方 | トップページ | タンタン麺でも食べに »