« 法治国家か否か…新テロ特措法 | トップページ | ガソリン税廃止の効用 »

2008年1月21日 (月)

小さな質問…君の言う枯葉どこにあるの?

アグネス・チャンの昔の歌に「小さな質問」というステキな歌がある。もう25年以上も前の「小さな質問」というアルバムの冒頭を飾っていた歌で彼女自身の作詞・作曲だったような記憶がある。しっとりとした良い歌で、この「木」のような人間になりたい、と初めて聞いたときにしみじみ思ったものだった。

心の中に鍵かけては生きていけませんね 

自分がみても素敵な娘になるのが大切な事

ヒュルヒュルルール風に舞う1枚の枯葉のように 

あてもなく回り続けたそんな悲しい若い日

大きな木にぶつかってポトンと座りこんだ

見上げれば優しい顔 言葉より胸に響いた

傷つけられたと言いながら自分で直せなくて

もどかしいから不器用だと逃げて走り続けた

ヒュルヒュルルールいつだって正しいと言いたかった

けれどもそれは無理だね自分で気づいたくせに

大きな木に聞いてみる小さな枯葉の未来

答える前に1つ聞こう 君の言う枯葉どこにあるの

君の言う枯葉どこにあるの

 

人は時として、自信をなくし、悩み、迷い、自分が取るに足らない、価値の無い小さな存在だと感じてしまう事がある。そして、自分が、ここにいても良いのか、生きていてもいいのかと考えてしまう。そんな時に、ただ、側にいて冷えきった心を温めてくれる、そんな存在があれば救われる。「小さな枯葉に未来はないでしょ?(私はその小さな枯葉のようなものなの)」…「君の言う枯葉どこにあるの(君は枯葉じゃないよ)」そんな風に応えられる大人になりたいと思った。もう四半世紀ほど前のことだから、昔むかしの話である。

さて、それなりの年月を重ねて、今ここにいるわけだが、自分は「大きな木」になれただろうか。それとも、また「小さな枯葉」のように木枯しにまかれてフラフラと漂っているのだろうか。たまには、木の真似事が出来ることもあるかもしれないが、まだまだ「大きな木」には程遠いような気がする。それでも、さらに年齢を積み重ねて「大きな木」になりたいものである。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 法治国家か否か…新テロ特措法 | トップページ | ガソリン税廃止の効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/10006684

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな質問…君の言う枯葉どこにあるの?:

« 法治国家か否か…新テロ特措法 | トップページ | ガソリン税廃止の効用 »