« 内需軽視のツケ | トップページ | 欲望の暴走が世界を破壊する »

2008年1月 6日 (日)

お酒の歌

高石ともやとザ・ナターシャセブンの歌はほのぼのとして好きな歌が多い。だが、初めて聞いたときに思わず笑ってしまった歌がある。ウィスキー党としては少し不満が残るが、これだけお酒の名前が並ぶと、ちょっと壮観であり、また、酒をたしなむ男にとっては少し耳の痛い歌でもある。

瞳のきれいなあの人が好き 彼は私よりお酒が好き

白雪 白鹿 北の誉 キリン アサヒ 純生 サッポロジャイアント

昨日も日暮れに遊びに来て そのまま朝まで酔いつぶれ

大関 剣菱 金杯 月桂冠 福娘 あけごころ 小町娘

私の父さん呑み助だった 酒飲みの女房にゃなりたくないの

黄桜 松竹梅 菊正宗 加茂鶴 白鶴 沢の鶴

もうすぐあの人と結婚します 彼よりもお酒に泣かされるでしょう

富翁 美少年 男山 オーシャン ニッカ サントリー 日本盛 爛漫

 

この歌詞は、記憶に頼って書いたもので、もしかすると間違っている箇所があるかも知れない。それでも、仲間と酒を飲みながらギターを手にすると、ついつい歌いだしたくなる歌なのである。自分の好みからすれば、ウィスキーの名前を並べて、こんな歌を作ってみたいと思う。ただ、酒で家族を泣かせる…つまり、酒に飲まれるような飲み方はしたくない。酒の味わいを楽しみながら、余裕をもって飲んでいたい。ただ、軽快なリズムとバンジョーの音が楽しく、とにかく、酒好きにはたまらない歌である。

 

人気ブログランキング … よろしければクリックをお願いします。

コメント・TBの主要言語は日本語…でお願いします。spamではないことを確認の上で24時間以内に公開します。

|

« 内需軽視のツケ | トップページ | 欲望の暴走が世界を破壊する »

コメント

なるほど、こんな歌があったのですね。高石ともやではちょっと私では分からないはずです。
それにしても並ぶ酒の名前に、新潟の酒がひとつも入っていないのが寂しい限りです。
もっとも私もウイスキー党ですが(^_^;)

投稿: 直江津いちご | 2008年1月 7日 (月) 00時22分

ウィスキー党ですが、越乃寒梅と雪中梅は美味しかったですね。この二つは、確か新潟だったように思うのですが。日本酒など、ホントに飲みませんが、それでも覚えているくらい美味しかったお酒です。

投稿: TAC | 2008年1月 7日 (月) 18時53分

面白い歌ですね。聴いたことがあるような、ないような。最近我が家は禁酒とは言わないまでも、酒を普段の10分の1にしています。ダイエット中なんですよ!こんな歌詞を読んで、酒の名前をここまで並べられると、ついついまた、手が伸びてしまいそうで...あ、駄目だ!駄目だ!誘惑に負けては。ちなみにうちの旦那も、この手の歌は、絶対にウイスキーバージョンが唄いたい人です。

投稿: アサヒ | 2008年1月 7日 (月) 21時46分

ウィスキーバージョン、作りたいですね。
ボウモア シングルトン グレンフィディック 竹鶴 山崎 スプリングバンク…とかね。あ、一番分は出来たかな。12月から、あまり飲んでませんね。ゆっくり飲みたいです。

投稿: TAC | 2008年1月 7日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120394/9752395

この記事へのトラックバック一覧です: お酒の歌:

« 内需軽視のツケ | トップページ | 欲望の暴走が世界を破壊する »